石上寺 (天理市)

石上寺(いそのかみでら)は、現在の奈良県天理市付近にあった仏教寺院。場所について諸説ある。

  • 天理市北部の字石上にあった在原業平の居所に建立された在原寺不退寺)とする説がある。
  • 石上神宮がある布留にあった遍昭僧正(816年―890年)建立の寺院石上布留村良因寺(現在は廃寺で跡に厳島神社が建つ。)とする説がある。
    • 続日本後紀」の承和元年(834年)の項、「護命卒伝」ですでに石上寺の名が見え矛盾がある。

関連項目編集