メインメニューを開く

石井 虎雄(いしい とらお、1883年12月5日 - 1945年1月14日[1])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

石井 虎雄
生誕 1883年12月5日
日本の旗 日本 佐賀県
死没 (1945-01-14) 1945年1月14日(61歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 19??
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

来歴編集

佐賀県に生まれ、陸軍士官学校17期を卒業。東條英機元首相とは同期。その後、陸軍大学校30期に学び、石原莞爾と机を並べる。昭和7年(1932年)6月30日、歩兵中佐時に沖縄連隊区司令官に発令され[2]、同年8月8日歩兵大佐に昇進[3]。昭和9年(1934年)頃、『沖縄防衛対策』と題する論文をまとめ、陸軍省上層部及び参謀本部への意見具申を行なう。その要旨としては以下の通り。

  1. 南西諸島は軍事上極めて重要で、一島でも敵手に入れば国防上重大な不利になる。
  2. 陸海軍の現況は南西諸島に配兵することは困難である。

従って、海面以外の防衛は住民自ら担当する必要があり、軍が派遣される場合でも住民の協力が必要である。このため、平時から在郷軍人を主体とする義勇隊を編成し、兵器 を整備する必要がある、と主張。さらには、沖縄県の風土や県民性から全体的に郷土防衛意識が低く、国防上大いに憂慮する旨を説いている。この約11年後、沖縄は米軍との激戦場となり、虎雄の危倶していたことは現実となる。

虎雄は昭和10年(1935年)8月1日、第1師団司令部附の身分で、配属将校として早稲田大学勤務を命ぜられる[3]。同11年(1936年)12月1日陸軍少将を拝命と同時に待命となり、同月28日予備役に編入された[3]

晩年は、同18年(1943年博文館が刊行したプロパガンダ『聖戦画帖 戦う東條首相』(小田俊與著)の監修者になっている。

脚注編集

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』59頁。
  2. ^ 『官報』第1650号、昭和7年7月1日。
  3. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』223頁。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。