石井陽一

石井 陽一(いしい よういち、1930年7月28日 - )は、日本の国際政治学者、神奈川大学名誉教授。専門はラテンアメリカ地域研究。NPO法人トランスペアレンシー・ジャパン事務局長。[1]

東京生まれ。1953年慶應義塾大学法学部政治学科卒、55年同経済学部卒業。海外移住事業団(のち国際協力事業団JICA)に17年勤務。スペイン留学、サンパウロリオデジャネイロサンフランシスコ勤務を経て、1973年神奈川大学外国語学部教授、2001年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『汎アメリカにおける南北問題の話』外国為替貿易研究会 外為新書 1971
  • 『麻薬戦争 南北アメリカの病理』創樹社 1996
  • 『世界の汚職日本の汚職』平凡社新書 2003
  • 『民営化で誰が得をするのか 国際比較で考える』平凡社新書 2007
  • 『「帝国アメリカ」に近すぎた国々ラテンアメリカと日本』扶桑社新書 2009
共著
  • 『スペイン その国土と市場』改訂版 戸門一衛共著 科学新聞社出版局 海外市場調査シリーズ 1984
翻訳
  • マリオ・エルナンデス・サンチェス=バルバ『イスパノ・アメリカ 20世紀の歴史的緊張』西俣昭雄共訳 鹿島研究所出版会 1965

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』『「帝国アメリカ」に近すぎた国々ラテンアメリカと日本』著者紹介