石山城・今堅田城の戦い

石山城・今堅田城の戦い(いしやまじょう・いまかたたじょうのたたかい)は、元亀4年(1573年)2月に織田信長室町幕府将軍足利義昭のとの間で行われた戦い。

石山城・今堅田城の戦い
戦争戦国時代
年月日元亀4年(1573年)2月
場所:石山城(大津市石山町
今堅田城(大津市堅田町
結果織田軍の勝利
交戦勢力
織田軍 室町幕府
指導者・指揮官
柴田勝家明智光秀
丹羽長秀蜂屋頼隆
山岡景友(光浄院暹慶)、磯谷久次
渡辺昌、山本対馬守、伊賀衆、甲賀衆
戦力
30,000(諸説あり) 4,000(諸説あり)
損害
不明 死者500人、負傷者1,000余人

経過編集

元亀4年(1573年)2月、将軍・足利義昭は織田信長に対して、二条御所で挙兵した。

同月中旬、義昭は石山や今堅田など志賀郡高島郡、北山城の国衆らを、反信長として立ち上がらせようとした[1]。そして、山岡景友(光浄院暹慶)、磯谷久次渡辺昌(宮内少輔)、山本対馬守らがこれに応じ、 石山・今堅田に兵を入れ、義昭方として挙兵した[2][3]。『兼見卿記』2月6日条には、「岩倉山本・渡辺・磯貝、明智に対して別心と云々」と記されており、明智光秀の麾下の者たちの離反であったことが窺える[2]

2月20日、信長は柴田勝家明智光秀丹羽長秀蜂屋頼隆ら四将を派遣した[1]

2月24日、織田軍は勢田から琵琶湖を渡り、石山城に攻撃をかけた[4]。石山城の守備隊には山岡景友が率いる伊賀衆甲賀衆が在番していたが、26日に降伏して退却、四将は城を破却した[4][5]

2月29日、織田軍は湖上に面した今堅田城を攻撃した[4]。午前8時ごろから明智光秀が東(琵琶湖上)から兵船を利用して、湖上から攻めあがった[4][5]。光秀は湖上における制海権も掌握していた[4]。丹羽・蜂屋は南東からそれぞれ攻めかかり、正午ごろに明智隊が城に突入し、勝利した[5]

光秀は今堅田を平定後、そのまま坂本城に入り、他の三将は帰還した[4][5][6]

この戦いで、義昭側は死者500人、負傷者1,000余人を出したとされる。一方、光秀は家臣18人がこの戦いで戦死しており、決して小規模な戦闘ではなかったことが窺える[4]。また、この戦いでは、義昭方に浅井氏朝倉氏の援軍はなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 谷口克広 2006, p. 121.
  2. ^ a b 諏訪勝則 2019, p. 58.
  3. ^ 黒嶋敏 2020, p. 179.
  4. ^ a b c d e f g 諏訪勝則 2019, p. 59.
  5. ^ a b c d 小和田哲男 2019, p. 126.
  6. ^ 『信長公記 巻6』

参考文献編集

  • 谷口克広 『信長の天下布武への道』吉川弘文館〈戦争の日本史13〉、2006年12月。 
  • 諏訪勝則 『明智光秀の生涯』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー 13〉、2019年11月。 
  • 小和田哲男 『明智光秀・秀満 ときハ今あめが下しる五月哉』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2019年6月。 
  • 黒嶋敏 『天下人と二人の将軍 信長と足利義輝・義昭』平凡社、2020年5月。 

関連項目編集