メインメニューを開く

堅田町(かたたちょう)は、滋賀県の西部、滋賀郡に属していた。現在の大津市北西部、湖西線堅田駅周辺および国道367号国道477号沿線にあたる。本項では町制前の名称である堅田村(かたたむら)についても述べる。

かたたちょう
堅田町
Katada Shiga chapter.png
1965年4月1日制定の町章
廃止日 1967年4月1日
廃止理由 編入合併
滋賀郡堅田町栗太郡瀬田町大津市
現在の自治体 大津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
滋賀郡
面積 91.61km2.
総人口 17,517
(1967年)
隣接自治体 滋賀県
大津市
滋賀郡志賀町
高島郡朽木村
京都府
京都市
堅田町役場
所在地 滋賀県滋賀郡堅田町
特記事項 面積、人口は統計データ 統計おおつ 人口の話を参照。
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

歴史編集

交通編集

鉄道路線編集

江若鉄道は1969年に廃止され、1974年湖西線堅田駅が内陸寄りに開業。また、1988年に旧真野駅近くに小野駅が設置されたが、同駅は隣接する志賀町に所在する。

道路編集

電気編集

堅田町は町営で電気事業を始めた。1914年(大正3年)7月事業許可を受け、発電所はもたず京都電燈より受電し11月より事業を開始した[1]

脚注編集

  1. ^ 『電気事業要覧. 第8回』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献編集

関連項目編集