メインメニューを開く

石川 人成(いしかわ の ひとなり)は、奈良時代貴族従三位石川石足の子。官位従五位上民部大輔

 
石川人成
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上民部大輔
主君 孝謙天皇淳仁天皇称徳天皇
氏族 蘇我氏石川氏
父母 父:石川石足
兄弟 年足人成豊成、公成?
道益
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平勝宝3年(751年従五位下叙爵淳仁朝にて、節部少輔/大輔仁部少輔信部大輔を歴任。この間の天平宝字6年(762年)従五位上に叙せられている。

天平宝字8年(764年)4月に武蔵守として地方官に転じたためか、同年9月の藤原仲麻呂の乱での動静は伝わらない。称徳朝の神護景雲2年(768年)民部大輔に任ぜられ、京官に復している。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『日本後紀』延暦24年7月25日条

参考文献編集