メインメニューを開く
 
石川道益
時代 奈良時代 - 平安時代初期
生誕 天平宝字7年(763年
死没 延暦24年7月(805年8月)以前
官位 従五位上遣唐副使従四位上
主君 桓武天皇
氏族 蘇我氏石川氏
父母 父:石川人成
テンプレートを表示

石川 道益(いしかわ の みちます)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族従三位石川石足の孫。従五位上石川人成の子。官位従五位上遣唐副使従四位上

経歴編集

延暦16年(797年従五位下叙爵し、但馬介に任ぜられる。延暦20年(801年)遣唐副使に任ぜられる(遣唐大使は藤原葛野麻呂)。延暦22年(803年)3月に遣唐使節に対する餞別の宴が行われ、道益は御衣一襲と金150両を与えられる。4月に葛野麻呂と共に節刀を授けられて難波津より出航するが、まもなく暴風雨を受けて遣唐使船が破損して航海が不可能となる[1]。翌延暦23年(804年)7月に最澄らと共に第二船に乗船してに渡り、無事に明州に到着する。しかし、病に伏し、延暦24年(805年長安へ出発できないまま明州で没した[2]享年43。同年7月に大使・葛野麻呂以下遣唐使節一行が帰国して功労の叙位が行われた際、道益は従四位下を贈られた。

仁明朝承和3年(836年)遣唐使として渡唐するも客死した8名に叙位が行われ、道益は従四品上の位階を贈られた[2]

人物編集

甚だ才能があり、書記に通じる一方で、行儀作法も美しかった。唐で没したことを朝廷に惜しまれたという[3]

冥界での道益の思いを受けて、道益の墳墓には霊芝が生えていたとされる[2]

経歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本後紀』延暦23年4月2日,23日条
  2. ^ a b c 続日本後紀』承和3年5月10日条
  3. ^ 『日本後紀』延暦24年7月25日条

参考文献編集