石川 時光(いしかわ ときみつ、生年不詳 - 建武2年4月1日1335年4月24日))は、鎌倉時代後期の武将。大和源氏の流れを汲む陸奥石川氏13代目当主。石川盛義の四男。従五位下宮内大輔従四位下大膳大夫。夫人は岩城朝義の娘、義光の父、詮持の祖父。

元徳2年(1330年)4月、兄である12代当主家光が没すると、その長男光英が幼少であったため光英を養いつつ家督を継いだ。光教を名乗っていたが、北条時宗から一字を受けて時光と改める。

元弘元年(1331年)、後醍醐天皇隠岐に遷され、天皇の呼びかけに応えて倒幕の兵が各地で挙がる。元弘3年(1333年)5月17日、長男義光の軍は新田義貞武蔵国で合流し、鎌倉幕府討伐に参戦した。同年7月、時光は兵を率いて上洛し、従五位下宮内大輔に任ぜられる。

建武元年(1334年)2月、一族大寺光広小高光顕とともに上洛。時光は従四位下大膳大夫、光広は左京亮、光顕は主膳正にそれぞれ任じられる。

建武2年(1335年)4月1日没し、長男の義光も父よりも先立ったので、甥の光英がその跡を継いだ。

系譜編集

石川時光━義光(従四位下大膳大夫)┳詮持(第15代当主)
                 ┣長女(早世)
                 ┣光春
                 ┣光俊
                 ┣光時(面川氏の祖)
                  ┣二女(早世)
                 ┣光定
                 ┣光久
                 ┣師宜
                 ┗八男(早世)