メインメニューを開く

石川 詮持(いしかわ あきもち、生年不詳 - 観応2年/正平6年12月4日1351年12月30日))は、南北朝時代の武将。陸奥石川氏15代目当主。従五位下中務大輔。夫人は蘆名盛定の娘、満持らの父。

生涯編集

13代当主石川時光の孫で義光の長男。延元4年(1339年)10月、14代当主貞光が没するが、子がなかったため詮持がその後を継いだ。

正平6年(1351年)10月、上洛して従四位下大膳大夫に任じられる。同時に、足利義詮から偏諱(「詮」の字)を賜り、名を詮持と改めた(前名は不詳)。

同年12月4日、病により鎌倉で没した。

系譜編集

詮持(第15代当主)┳長女(早世)
         ┣持朝(美作守)
         ┣満持(第16代当主)
         ┣光輝(治部大輔)
         ┣持綱(奈須家の嗣)
         ┣二女(早世)
         ┣持弘(右京亮)
         ┣持重(川尻家の嗣)
         ┗七男(早世)