メインメニューを開く

石川 次郎(いしかわ じろう、1941年7月5日 - )は、東京都生まれの雑誌編集者(エディトリアル・ディレクター)。

いしかわ じろう
石川 次郎
生年月日 (1941-07-05) 1941年7月5日(78歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
学歴 早稲田大学
職業 編集者
活動期間 1966年 -
活動内容 雑誌編集者

経歴編集

7人姉弟、姉6人の末っ子として生まれる[1]。戦後まもなく父を亡くし、女手ひとつで育てられる[1]杉並区立高井戸中学校[2]時代は美術部に所属し、絵描きを夢見た[1]。高校受験で第1志望の東京都立西高等学校に落ち、第2志望の東京都立富士高等学校に進学[3]

平凡出版(現:マガジンハウス)の創業者の1人、清水達夫の娘が同級生におり、意気投合。早稲田大学進学後、清水から企画の相談を受けるようになる[4]

1964年、大学卒業後、海外旅行の自由化を受けて旅行代理店に就職。2年後に退職し、平凡出版に入社した[3]。『平凡パンチ』の編集を担当する。

1973年、異動を機に退社[5]。同時期に退社した木滑良久と『週刊読売』の別冊特集などの仕事をしながら、男性向けファッション雑誌の企画を温める[5]1975年、清水の平凡出版社長就任を機に木滑と再入社し、1976年、『POPEYE』を創刊[6]。その後、木滑とともに『BRUTUS』(1980年)、『ターザン』(1986年)、『GULLIVER』(1989年)を創刊し、各誌の編集長を務めた。

1993年に退社し、編集プロダクション「JI inc.」を設立。1994年から2002年までテレビ朝日系列の人気深夜番組『トゥナイト2』のキャスターを務めた。

評価編集

ラジオ番組『コサキン』の葉書コーナーにて、「夜更かしエスキモー」と称されたことがある。

出演編集

テレビ編集

脚注編集

  1. ^ a b c (人生の贈りもの)編集者・石川次郎:4 「外で遊べ」母の教えを息子にも”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年10月23日). 2015年2月10日閲覧。
  2. ^ 『杉並区立高井戸中学校創立70周年記念誌』「母校を語る」石川次郎 参照
  3. ^ a b 島地勝彦 (2014年10月4日). “石川次郎 第1回「第1志望の高校に受かっていたら、その後のぼくの編集者人生はなかったと思う」”. 現代ビジネス 倶楽部SHIMAJI. 講談社. 2015年2月7日閲覧。
  4. ^ (人生の贈りもの)編集者・石川次郎:1 受験に失敗、挫折が引き寄せた縁”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年10月20日). 2015年2月10日閲覧。
  5. ^ a b (人生の贈りもの)編集者・石川次郎:2 新企画ひっさげ、出版社に出戻り”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年10月21日). 2015年2月10日閲覧。
  6. ^ 島地勝彦 (2014年10月22日). “石川次郎 第3回「編集長の仕事で重要なのは、どれだけ面白いヤツを編集部に引き込めるかでしょうね」”. 現代ビジネス 倶楽部SHIMAJI. 講談社. 2015年2月7日閲覧。