メインメニューを開く

石川県道109号阿手尾小屋線

日本の石川県の道路

石川県道109号阿手尾小屋線(いしかわけんどう109ごう あておごやせん)は石川県白山市と同県小松市を結ぶ一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
石川県道109号標識
石川県道109号阿手尾小屋線
路線延長 8.255km(実延長総計)
陸上区間 8.255km
制定年 1973年昭和48年)
起点 石川県白山市阿手町
主な
経由都市
白山市、小松市
終点 小松市尾小屋町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0416.svg国道416号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

白山市阿手町から鳥越大日スポーツランド前を通り、阿手トンネルを抜け小松市波佐羅町に入り同市尾小屋町へ至る。

歴史編集

接続道路編集

冬期閉鎖区間編集

  • 白山市阿手町 - 小松市波佐羅町 5.4km
    • 概ね12月上旬から翌年4月まで閉鎖される。白山市阿手町の鳥越大日スポーツランドとの分岐点から小松市波佐羅町の尾小屋鉱山の処理施設のある地点までが実質的な冬期閉鎖区間となる。常設のゲートはなく、閉鎖期間中に通行止めの道路標識がついたトラ板つきのバリケードと、管理者である石川土木事務所および南加賀土木事務所設置の看板が各々の末端部に設置される。

通過する自治体編集

周辺施設編集

関連項目編集