メインメニューを開く

石川県道180号河合江津線

日本の石川県の道路

石川県道180号河合江津線(いしかわけんどう180ごう かわいごうづせん)は石川県白山市内を通る一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
石川県道180号標識
石川県道180号河合江津線
路線延長 0.688km(実延長総計)
陸上区間 0.688km
制定年 1960年昭和35年)
起点 石川県白山市河合
主な
経由都市
白山市
終点 白山市河内町江津
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

手取川に架けられている江津橋が当路線の中心である。起点は石川県道44号小松鳥越鶴来線との交点である。東に688m進むと、終点の国道157号との交点である。江津橋は最初に架けられたものが幅員3.5mと狭く、大型車両や除雪機械が通行できないことから、隣にもう1本新しい橋(幅員4.2m)を作り、上下車線として利用している。

「河合」と「江津」の両集落名は、手取川と大日川の合流点ゆえ名づけられたものである。江津橋付近でこの2つの川が合流している。

歴史編集

接続道路編集

通過する自治体編集

周辺編集

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

関連項目編集