石橋 長英(いしばし ちょうえい、1893年4月26日 - 1990年9月25日)は、日本の医学者である。千葉市出身。

1918年、東京帝国大学に留学。1920年東京女子医科大学教授に就任。1925年公益財団法人日本国際医学協会を組織し。1936年から日独医学協会長を務めた。1973年獨協医科大学初代学長に就任。

栄典編集

著作編集

自著編集

  • 『現代に生きるベルツ』- 日本新薬刊、1978年10月発刊
  • 『薬と人間』- ライフサイエンス・ブック、スズケン刊、1982年11月発刊

共著編集

  • 『医学9: お雇い外国人』- 鹿島研究所出版会刊、1969年発刊
  • 『母子栄養』- 医歯薬出版刊、1960発刊

編集

  • 『エルウィン・フォン・ベルツ』Shottlaender Felix著、大空社刊、1995年10月発刊、4-87236-490-2

外部リンク編集