メインメニューを開く

石浜 みかる(いしはまみかる、女性、1941年 - )は、日本の評論家。

人物編集

神戸市生まれ。1965年神戸女学院大学卒。在学中イスラエルを訪れキブツに暮らす。卒業後は出版者勤務、英語教師、専門学校教師などのかたわら文筆活動を行う。1966年当時映画監督の高橋治と結婚、二児を儲ける[1][2]、子は文月涼。戦時中、キリスト教を信仰していた父親が治安維持法違反で投獄された経験から、天皇崇拝のおしつけに反対している。[3]

著書編集

  • 『シャローム(こんにちは)イスラエル』オリオン社 1965
  • 『まだ見ぬあなた』オリオン出版社 1968 のち角川文庫 
  • 『カリフォルニアの素敵な学校』新潮社 1982 のち文庫 
  • 『七転八倒ああ子ども』弥生書房 1985
  • 『ひかり輝く季節に』国土社 青春ノート 1985
  • 『あの戦争のなかにぼくもいた』国土社 ベスト・セレクション 1992
  • 『紅葉の影に ある牧師の戦時下の軌跡』日本基督教団出版局 1999
  • 『変わっていくこの国で 戦争期を生きたキリスト者たち』日本基督教団出版局 2007

翻訳編集

  • S.ファインスタイン『イスラエル 目で見る世界の国々』国土社 1991
  • S.ファインスタイン『ヨルダン 目で見る世界の国々』国土社 1991
  • S.ファインスタイン『レバノン 目で見る世界の国々』国土社 1992 
  • ダン・フィルビン『シリア 目で見る世界の国々』国土社 2002

参考編集

  • 『ヨルダン』訳者紹介 

編集

  1. ^ 『カリフォルニアの素敵な学校』
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]