石濱裕美子

東京都出身のチベット学者

石濱 裕美子(いしはま ゆみこ、1962年5月6日 - )は、日本のチベット学者、早稲田大学教育・総合科学学術院教授[1]チベット仏教世界(チベット・モンゴル満州)の歴史と文化を研究[2]東京都出身。

石濱 裕美子
人物情報
生誕 (1962-05-06) 1962年5月6日
日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 チベット
研究機関 早稲田大学
テンプレートを表示

略歴編集

1990年早稲田大学大学院文学研究科東洋史専攻後期課程単位取得退学。早稲田大学教育学部助教授2007年准教授、教育・総合科学学術院教授。1997年 早稲田大学 文学博士。博士論文は 「チベット仏教世界の歴史的研究 -菩薩王としてのチベット、モンゴル、満州王侯の事績について 」。

家族・親族編集

著書編集

博士論文編集

  • 『チベット仏教世界の歴史的研究 -菩薩王としてのチベット、モンゴル、満州王侯の事績について』(早稲田大学、1997年)[7]

共編著・監修編集

訳書編集

論文編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 早稲田大学研究者データベース早稲田大学、2014年12月14日閲覧
  2. ^ researchmap、2014年12月14日閲覧
  3. ^ 【神戸新聞】2016年8月31日付『岡田鴨里の功績知って』
  4. ^ [1]、2014年12月23日閲覧
  5. ^ [2]、2014年12月23日閲覧
  6. ^ [3]、2014年12月23日閲覧
  7. ^ 早稲田大学文学研究科博士学位請求論文、2014年12月14日閲覧
  8. ^ [4]、2014年12月23日閲覧
  9. ^ [5]、2014年12月23日閲覧
  10. ^ [6]、2014年12月23日閲覧
  11. ^ [7]、2014年12月23日閲覧
  12. ^ [8]、2014年12月23日閲覧
  13. ^ [9]、2014年12月23日閲覧

外部リンク編集