石狩データセンター

石狩データセンター北海道石狩市にある、さくらインターネット2011年11月15日に稼働を開始したデータセンターである[1]

目次

設備編集

さくらインターネット 石狩データセンター 外観

ソーシャルゲームが急速に広まったため、2011年の時点でサーバ不足、とくにサーバの置き場不足が深刻化していた[1]。石狩データセンターの敷地面積は東京ドーム (単位)とほぼ同じ5万1000平方メートルで、さくらインターネット社長の田中はサーバーを「いくらでもすぐに増やせる」ことをメリットとして挙げている。1号棟の建設で着工から引き渡しまでにかかった期間は7ヶ月間である[2]。2015年10月の時点で1号棟と2号棟が稼働しており、2015年10月には新たに3号棟の建設に着工、2016年冬に竣工する予定である。3号棟の最大収容ラック数は1900ラックで、1号棟と2号棟を合わせると最大3000ラックになる[3]

本来、石狩データセンターは自社向けで[4]、3年から4年ごとに一棟増設する考えだったが[2]東日本大震災によりDR(地方に設備を分散させて災害に備える)の需要が高まったため[3]、元々モジュール構造だった同センターではコロケーションでの利用が増えている。2013年の時点で総ラック数のうちの半数、250ラックがコロケーションで貸し出している。そのためさくらインターネットの社員ですら入れないサーバールームがあったり[5]、本来PUE値は1.11であるはずが[2]、貸し出しているサーバールームはPUEが1.53であり、効率が下がっている[4]。そもそも小さな単位で投資をするためにモジュール構造にしたのであり、このままコロケーションが急増し続ければ、大きい投資を最大公約数的にやった方が安くなってしまう、という課題がある[5][4]ため、田中と同社は今後コロケーションを極力使わない方向で検討している[5][4]

石狩市に立てた理由編集

  • 土地が広い
  • 気温が低い
  • 地震・津波・液状化などの災害リスクが低い
  • 人口の多い札幌市に近いため、教育を受けた人材が探しやすい
  • 石狩市が誘致を行っていた
  • 石狩市には海底ケーブルの引き上げ局がある

などを、同社は理由として挙げている[1][2]。とくに気温の低さによるエネルギー効率の良さは石狩データセンターの特徴の一つであり、外気冷却がほぼ一年中できる[2]。2015年の時点で、石狩データセンターの消費電力は一般的な都市型データセンターよりも4割低い[3]

出典編集

外部リンク編集