石田 好伸(いしだ よしのぶ、1959年1月1日 - )は、RSK山陽放送(RSK)のアナウンサー、同社執行役員アナウンス室長。

いしだ よしのぶ
石田 好伸
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県因島市(現:尾道市
生年月日 (1959-01-01) 1959年1月1日(62歳)
血液型 A型
最終学歴 岡山大学法文学部法学科
勤務局 RSK山陽放送
部署 アナウンス室
職歴 報道制作局アナウンス部副部長
→報道制作局アナウンス部長
→報道制作局長代理・アナウンス部長(-2017年3月)
→報道制作局長代理(2017年4月-2018年3月)
→ラジオ推進室長[1](2018年4月-2019年3月)
→執行役員四国支社長(2019年3月-2020年12月)
活動期間 1981年 -
公式サイト 公式プロフィール
担当番組・活動
備考
活動期間は山陽放送在籍からの標記

人物・略歴編集

  • 広島県因島市(当時、現在の尾道市)出身。血液型はA型、星座はやぎ座。因島市市立三庄小学校、中学校、広島県立因島高校。
  • 岡山大学法文学部卒業。大学生時代はRSKでアシスタントディレクターのアルバイトをしていたことがあり、『パンチDEデート』(関西テレビ)、『ラブアタック!』(朝日放送)に出場したこともあった。[2]
  • 長年にわたり、テレビのニュースキャスターや、ラジオのワイド番組のパーソナリティーを務めた。ドキュメンタリーのナレーションやシンポジウム司会も多い。2005年の岡山国体、2010年の国民文化祭・おかやま2010では閉会式の司会を担当した。また、2015年に始まったおかやまマラソンではスターティングセレモニーから表彰式までのMCを担っている。
  • ドキュメンタリーは、ナレーターを務めたRSK地域スペシャル・メッセージの「島の命を見つめて」が2016年から2017年にかけ、地方の時代映像祭 グランプリ、文化庁芸術祭賞、民間放送連盟賞、JNN·JRNアノンシスト賞など7賞を獲得するなど受賞作品も多い。2017年度第43回アノンシスト賞では、朝耳らじおパーソナリティーとしてラジオフリートーク部門最優秀賞を受賞。前年度まで2年度連続でテレビ読み・ナレーション部門優秀賞を受賞しており、アナウンサーとしての幅の広さが感じられる。ニュース・報道番組では落ち着いた語り口で真面目な印象を受けるがラジオやRSK主催のイベントステージでは打って変わってテンションが高い印象を受ける[要出典]
  • RSKで元アナウンサーの四国支社長就任は小野馥永野孜に次いで3人目。同じく執行役員就任[3]島田博に次いで2人目。
  • 2021年1月にアナウンス部の上部に新設されたアナウンス室(局相当)の室長に就任。RSKでアナウンス部署のトップへの再任は小野馥に次いで2人目。

現在の担当番組編集

テレビ編集

過去の担当番組編集

ラジオ編集

テレビ編集

  • 山陽TVニュース
  • RSK特集
  • VOICE21※緊急報道スペシャルの場合に限って出演
    • 南海地震特番「迫る巨大地震~M8.4の恐怖~」(2002.12.19 旧内山下小グラウンドに野外セットを組み生放送他)
  • わくわくせとらんど
  • ザ・ベストテン(RSK追っかけマン)
  • イブニングDonDon(金曜ニュースコーナー担当)
  • 山陽TVイブニングニュース(1989年3月-2006年3月)
  • RSK地域スペシャル メッセージ(2012年4月-2019年3月)
  • ごじまる(水曜 2019年7月3日-2019年9月)
  • 情報マルシェ 3時のおやつ(水曜 2019年10月-2020年3月)

脚注編集

  1. ^ ラジオ全体の責任者(局長級)。
  2. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)より
  3. ^ RSKでの執行役員制度導入は2010年6月。
  4. ^ 2013年9月30日-2017年3月29日月~水曜を担当。今回が2度目の担当となる。

外部リンク編集