石田 玄圭(いしだ げんけい、? - 1817年7月20日(文化14年6月7日))は、日本の江戸時代の医師であり和算家(数学者)である[1][2]。名は恒[2]。一徳子、斑亭と号した[2]。榛名神社に奉納した算額が群馬県の重要文化財、墓が群馬県の史跡に指定されている[3]

生涯と業績編集

生誕地は上野国佐位郡(現在の群馬県伊勢崎市)[1]。江戸の三浦無窮から医学を学び、群馬郡高井村(現在の群馬県前橋市高井町)で医師として開業した[1]。そのかたわらで江戸で藤田貞資に和算を学び、関流五伝の免許を得た[1]。医学・和算の他に天文学・暦学にも精通し、研究と門人の教育につとめた[1]。門人には阪本亮春などがいる[2]。1787年(天明7年)と1810年(文化7年)に八幡八幡宮、1811年(文化8年)に榛名神社に門人と連名で算額を奉納している[4]

「暦学小成」などの著作があるが「暦学小成」は幕府に目をつけられて絶版にされている[5]1817年7月20日(文化14年6月7日)没[2]。群馬県前橋市高井町1丁目34-12にある「斑亭一惠居士」と記された墓が玄圭のものとされている[1]

墓は1951年(昭和26年)に群馬県の史跡に指定されている[3]。1811年(文化8年)の算額は1976年(昭和51年)に群馬県の重要文化財に指定されている[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 総社・清里の文化財を訪ねて前橋市 水と緑と詩のまち 2017年11月2日閲覧
  2. ^ a b c d e 石田玄圭コトバンク 2017年11月2日閲覧
  3. ^ a b c 群馬県内の県指定文化財一覧群馬県 2017年11月2日閲覧
  4. ^ 高崎の算額 リスト高崎・和算愛好会 2017年11月2日閲覧
  5. ^ 近世上毛偉人伝国立国会図書館デジタルコレクション 2017年11月2日閲覧