確率過程量子化(かくりつかていりょうしか)とは、量子力学確率過程として定式化する方法である。1966年にエドワード・ネルソン英語版によって導入された。

1981年にジョルジョ・パリージとYong-Shi Wuは、ネルソンとは異なる手法を提唱した。これはランジュバン方程式を用いて記述した確率過程によって量子化を行うものである。経路積分法とは異なり、ハミルトニアンラグランジアンがなくとも量子化を行え、場の量子論への拡張も容易であるのが長所である[1]

脚注 編集

  1. ^ 並木美喜雄「確率過程量子化法」『統計数理』第34巻第1号、統計数理研究所、1986年6月、73-98頁、CRID 1050282677781124224hdl:10787/1354ISSN 0912-61122023年8月18日閲覧 

関連項目 編集

量子化 (物理学)