メインメニューを開く

磯打ち網漁(いそうちあみりょう)とは、和歌山県串本町沿岸部で行うアオリイカの伝統漁法[1]。戦前から続く[2]。漁期は5月から7月[1]

アオリイカは群れを作らず、漁獲法が限られ、水揚げが難しい[2]。しかし、沿岸部(海岸部)のに生えた海藻産卵する習性[3]があり、その時期に、紐をつけた木の棍棒追太棒」(おうたぼう)や石[4]を海にたたきつけて音を出し、イカを驚かせることで、張り巡らせた網に追い込む漁法である[1]漁船は磯舟で、一人が操船し、もう一人が棒などで音を立てる[1]。磯に海藻が少ない時や、海水温が低い時は不漁となる[4]。 この漁法は、乱獲をせず、かつ、「日本でも非常に珍しい伝統漁法」とテレビ朝日は紹介した[2]

脚注編集