メインメニューを開く

磯貝 一(いそがい はじめ、1871年明治4年)10月26日 - 1947年昭和22年)4月19日)は、日本柔道家。段位称号講道館柔道十段、大日本武徳会柔道範士。講道館柔道殿堂

経歴編集

延岡藩藩士関口流柔術家の磯貝恒久の長男として現在の宮崎県延岡市に生まれる。1891年(明治24年)上京し講道館に入門する。1893年(明治26年)、京都第三高等学校嘱託柔道教師となる。1899年(明治32年)、大日本武徳会柔道教授に就任。

1929年(昭和4年)、御大礼記念天覧武道大会審判員を務める。1934年(昭和9年)、皇太子殿下御誕生奉祝天覧武道大会の審判員並びに永岡秀一との特選乱取りを務める。1937年(昭和12年)、講道館より柔道十段を授与。1940年(昭和15年)、紀元二千六百年奉祝天覧武道大会において永岡秀一と共に古式の形演武する。

参考文献編集