メインメニューを開く

神主打法(かんぬしだほう)とは、野球における打者バッティングフォームのひとつ。

解説編集

スクエアスタンスで、バットを体の横、あるいは体の正面でゆったりと構える。その形が神職がお祓い(修祓)をする様子に似ていることから、「神主打法」と称されるようになった[1]。全身をリラックスさせた状態で構え、スイングの瞬間に全身の筋肉を動かすことで、より大きな力を発揮するという理論に基づく打法である(同様の理論はゴルフボクシングなど様々なジャンルのスポーツで導入されている)。長打が望める反面、バットコントロールが非常に難しいといわれており、フォームの構造上、投球を見極めるタイミングにも熟練が必要とされる。落合博満は「フォームの基礎を崩してしまうから野球少年達はマネをしないように」と述べている。

神主打法を使用した(または伝授された)選手編集

「神主打法の元祖」と称される。1950年、史上初めてのトリプルスリーを達成した選手でもある[1][2]
若手時代の落合博満が参考にしたと言われる。ハンドリング(腕の使い方)がうまく、肩から下の腕の振りが特筆であったといわれる[3]。こねたりせず、バットを素直にそのまま送り出し、バットを放り投げるような感じであった[3]
「打撃型捕手」として、ヤクルト一筋で24シーズンにわたり活躍した。一見したバッティングフォームから神主打法と称されることが少なくないが、投手と正対するような極端なオープンスタンスから「八重樫打法」と称されて区別されることもある[1]
「神主打法の代名詞」と称される。ロッテオリオンズに入団した際、土肥健二のバッティングフォームを模倣。広角打法と称される巧みなバットコントロールを基礎として、いわゆる「三冠王」に3回輝き、「通算2371安打、通算510本塁打」を誇る、史上有数の右の強打者である[1][3]
2009年シーズンより、神主打法を採用。主に「対左投手キラー」として活躍して、特に2010年シーズンは「打率.291、11本塁打」のキャリアハイのシーズンとなった[1]
2017年から神主打法に挑戦。落合博満のバッティングフォームを模倣。バットを捕手寄りに引き付ける、いわゆる「トップを作る」際、グリップが一塁方向へと入りすぎる点を改善するために採り入れたとのこと[7]

フィクション選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 神主打法と言えば“ご存じ”落合に、元祖・岩本、八重樫も?”. スポーツ報知. 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ この人にこの技ありSportsClick 2015年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c 落合博満『なんと言われようとオレ流さ』、講談社、1986年4月、ISBN 4062026295
  4. ^ 広島堂林「自信に」迷い捨てた新打法で復活マルチ日刊スポーツ(2015年11月9日) 2016年1月16日閲覧。
  5. ^ 広島堂林「大きな壁」新加入ルナ正面突破で三塁獲る日刊スポーツ(2016年1月1日) 2016年1月16日閲覧。
  6. ^ 落合監督、平田に神主打法伝授 8時間動き回る”. 中日スポーツ. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。
  7. ^ 【巨人】“センター試験”突破へ!橋本到、神主打法でレギュラー獲り”. スポーツ報知. 2017年1月15日閲覧。