バット(bat)は、野球ソフトボール打者投手の投球を打つために用いられる棒状の用具。

野球用木製バット

バットの形状編集

バットの形状は先端のボールが当たる部分(ヘッド)が太くなっており、手で握る部分(グリップ)は細く、さらに手元のグリップの端にグリップエンドと呼ばれる直径の太い部分が付いている。また、バットのグリップ側にはテープを巻くなどの滑り止め加工が施され、ヘッドの部分にはメーカー名などの刻印がされている。

一般成人男性向けに市販されているものは、多くは長さ83cm~85cm程度。また重さは硬式用なら900g前後である。

バットの材質編集

バットの材質には金属超々ジュラルミンなどのアルミ合金)、炭素繊維強化プラスチック(俗に「カーボン」と呼ばれる)、などがある。

木製バット編集

特に木製バットを使用する際には、ボールがバットに当たる際にヘッドの刻印部分が上もしくは下を向くように持たなければならない。これは木目に対して平行に力が加わるようにして、折れにくくするためである。

木製バットの材料には、アッシュ材や、ハードメイプルヒッコリーなどが使用されている。長らくメジャーリーグでは硬い(反発力の強い)ホワイト・アッシュが使われ、近年ではハードメイプルも多く使われているが、ヒッコリーは重いためあまり使われなくなっている。一方、日本のプロ野球では「材質が柔らかく、振ったときにしなりが出る」としてヤチダモアオダモといったタモ系の木材がよく使われ、特に良質なバット材として北海道産のアオダモが好まれていた。これは、寒冷地産であればあるほど反発力と弾力性、耐久性に優れるとされるためである。メジャーリーグへ日本人野手が移籍することが多くなった2000年代からは、ボールの材質や気候が違うことから日本人選手もホワイトアッシュなどを使用し始め、日本球界でもアオダモ以外の材質バットを使用する選手が増えている。また、新たな材料としてバーチ材(カバノキ)、ビーチ材(ブナ)、シデなども使われるようになっている。

松井秀喜イチローピート・ローズなどのバットを手掛けていたミズノテクニクスのバット職人・久保田五十一[1]は、7cm角の角材を3-4ヶ月間自然乾燥した後、40時間真空乾燥し、機械で荒削り後、職人が30分程度手仕上げする方法でバット製作を手掛けていた[2]

木製バットの場合、バットの含水率は7 - 10%程度が理想と言われている。日本のように夏季の湿度が高い環境では、バットを裸のまま放置すると空気中の水分を吸い込んでしまい、含水率が理想の状態よりも高い値(最大で12 - 13%程度)になってしまう。含水率が高くなると当然ながらバットの重量が重くなり選手の感覚を狂わせる上、バットにボールが当たった際の反発力にも影響が出る。一方で冬季にエアコンのそばにバットを放置した場合など、バットが乾燥して逆に含水率が低くなり、事実上使えなくなるほど折れやすくなることもある[3]。これらの要因から、近年プロ野球選手の間では、シリカゲル入りのジュラルミンケースにバットを入れて持ち運ぶことでバットの含水率を一定に保つことが一般的となっている[4]

日本国内産の木製バットの半数は富山県南砺市福光地域で作られており、日本一の産地となった理由としては、冬場の湿度が高くバットの製造に適していたことや、原材料の主産地の北海道・九州と、販売先の中心であった大阪・東京の中間地であったことが挙げられている[5]。なお、当地には、往年のプロ野球選手の約500本のバットが展示されている「南砺バットミュージアム」が存在する[6]

圧縮バット編集

1950年代に石井順一は最もバットに適しているとされたトネリコの資源枯渇にともなって、代わる材料として木目が剥がれやすく耐久性に難があるものの軽さやしなりに優れるヤチダモに着目し、表面を樹脂加工することでヤチダモの欠点を補った圧縮バットを開発する。これを使用した王貞治の活躍の影響もあって1970年代半ばにはNPBに広く浸透し、一部メジャーリーガーにも愛用されていた。しかし、後発のメーカーが反発力の強化に主眼をおいた製品を開発していたこともあり、1970年代後半から問題視された「飛ぶボール」への対応のあおりを受ける形で1981年シーズンからNPBでの使用が禁止された。

プロでの使用が禁止されてからもアマチュアの試合では使用可能なケースがあり、オリンピックの野球競技でも認められていたことから、日本代表に初めてプロを派遣した2004年のアテネ大会では選手たちに使用の有無が委ねられその動向が注目された[注釈 1]

バット材料の不足編集

2000年代以降、ホワイトアッシュなど、アオダモ以外の材質バットが日本プロ野球でも一般的に使用されているが、これはアオダモの不足が一因となっており、計画的な植林・伐採がされてこなかったため、バット材料として使用されてきた樹齢80年以上の原料木材確保が困難となり、プロ野球選手でも使用を断念せざるを得ない状況となっている[注釈 2]

そのため、豊田泰光ら野球関係者が行政やバット生産関係者と「アオダモ資源育成の会」を立ち上げ積極的な植樹活動を行っている[8]。また、折れたバットを靴べらなどの別の品物を作る材料に用いるリサイクル活動も展開されており、日本プロ野球で試合中に折れたバットは、職人の手により5 - 6本の箸に再生され、「かっとばし!!」の商品名で販売されている[9]

日本野球機構では、日本シリーズオールスターゲームなどの特別試合の試合前に、選手によるアオダモの記念植樹など、植樹活動も行っている。

2010年代以降、日本のプロ野球ではハードメイプルを用いたバットが主流となっている。これはホワイトアッシュよりもメイプルの方がバットとしての歩留まりが高いこと、またメイプルのほうがバットとしての耐久性が高いことが原因で、一説にはホワイトアッシュの2倍程度の耐久性があるとされる[10]

金属バット編集

アルミニウム亜鉛を加えた合金などの金属パイプを成形・焼入れして作られる中空のバットである[11][12][13]。一般には、木製バットと比べ、ジャストミートできる「芯」が広く、強い打球を打てるとされる[14]。耐久性も木製バットを上回るため、予算の乏しいアマチュアで使用が認められることがある。アメリカでは事故防止などのために、リトルリーグから高校野球、大学野球までにおいて、反発係数を木製バットと同等程度に制限している[15][16]

金属バットは、芝浦工業大学学長も務めた大本修平成24年野球殿堂入り)が、1960年代に米国メーカーよりも先に考案したと言われている。大本は通商産業省による金属バットの安全基準作りにも関わった。金属バットで硬球を長期間打ち続けると、打球音の影響で聴力が低下することが指摘されている[16][17]。練習場周辺に対する騒音の問題もあり、日本の高校野球では1991年以降バット内部に音響放射を低減させる作用を持つ防音・防振材が貼り付け又は充填されるようになった[14]

その他編集

接合バットは竹の合板を軸として打球部分にメイプルなどの木材を貼り合わせている。ラミバットとよばれる。

竹バットや接合バットは、金属バットより「芯」が狭い、「芯」を外した時には衝撃がくる、1本の木材から作られたものより丈夫であり安価である、ということからアマチュア野球の練習用バットとして使われている。特に2000年代以降はモウソウチク製バットの流通量が増加しており[10]、バット材として使用できるようになるまでの生育年数が短い(モウソウチクの場合5~10年。メイプルは約40~50年、アオダモは約70~80年)という利点もあることから、アマチュアに広く普及するに至っている[10]

この他ノックバットには古くからホオノキが使われることが多く、現在も一定量が流通している[10]

ミズノなどから軟式野球用に外側がゴム(エーテル系発泡ポリウレタン)のものも販売されている。これらは軟式ボールの変形をおさえ、反発係数を高めることで飛距離を増すというものである。

バットの種類編集

試合用編集

硬式球を打つための硬式用バットと、軟式球を打つための軟式バットがある。打者のタイプによって重心の位置が異なっており、長打を狙う選手はグリップが細く、ヘッドが太い先端に重心があるバット(トップバランス)、短打を確実に狙う選手にはグリップが太く、ヘッドが細いバット(カウンターバランス)が好まれる。プロ野球選手の場合には特注されることが多く、実際に使われているものに似せたバットが、その選手名を冠して「○○モデル」として市販されている。

練習用編集

練習用として、投手の投球を打つことを目的としないバットがある。ノックの打球を確実に打つため、細く軽量に作られたノックバット、スイングの矯正などに用いられる長尺バットなどがある。筋力を付けるために重く作られたバットをマスコットバットと呼ぶ。また、素振りの際に鉄製のリングをバットに取り付け、錘としてボールを打つ時の感触に近づけることがある。

また、高校野球では通常試合用には金属バットを使用するが、強豪校を中心に打撃練習用として竹の接合バットが使われることがある。これは、芯が狭く外した際の衝撃が大きい性質がボールを芯でとらえる練習に適していることと、木製バットよりも耐久性が高く安価であることによるものである。

サイン用(サインバット)編集

サインバットはもっぱらサインを記念として残す目的で製作されているバットである。

公認野球規則編集

公認野球規則3.02にバットについての規則がある[18]。公認野球規則をもとにプロ野球、社会人野球、高校野球、軟式野球についてバットの基準が定められている。このほか各大会で使用できるバットの材質、色、形状などがそれぞれ規定されている場合もある。いずれも異常な打球が飛ぶような細工などの不正行為を防ぐため、細かな規定がある。

形状編集

  • バットはなめらかな円い棒である(公認野球規則3.02(a))。
  • 太さはその最も太い部分の直径が2.61インチ (6.6cm) 以下であることを必要とする(公認野球規則3.02(a))。
  • 長さは42インチ (106.7cm) 以下であることを必要とする(公認野球規則3.02(a))。
  • 先端をえぐったカップバットについては、くぼみは深さ114インチ (3.2cm) 以内、直径1インチ以上2インチ (5.1cm) 以内としなければならない(公認野球規則3.02(b))。また、くぼみの断面は、椀状にカーブしていなければならず、直角にえぐったり、異物を付着させてはならない(公認野球規則3.02(b))。
  • バットの握りの部分(端から18インチ (45.7cm))には、何らかの物質を付着させたり、ザラザラにすることで握りやすくすることは許される(公認野球規則3.02(c))。ただし、18インチの制限を超えて細工したバットを試合に使用することはできない(公認野球規則3.02(c))。

材質編集

1本の木材で作られるべきである(公認野球規則3.02(a))。

日本のアマチュア野球では、各連盟が公認すれば、金属製バット、接合バット(木片の接合バットおよび竹の接合バットで、バット内部を加工したものを除く)の使用を認めることになっている(公認野球規則3.02(a)【注2】)。認められる範囲は高校野球と社会人野球で異なる(後述)。

編集

プロ野球では規則委員会の認可がない限り着色バットは使用できない。ただし、日本プロ野球では着色バットの色について別に定める規定に従うこととしている(公認野球規則3.02(d)【注1】)。2002年から着色バットが認められたが、2005年からは国際規格に合わせて淡黄色が禁止され、自然色と合わせて、こげ茶、赤褐色、黒の3色が認められている。2011年からは、着色する場合でも木目の確認しやすい程度の色の濃さにすることが定められた。

各団体における規則編集

日本のプロ野球編集

日本プロ野球では、金属製バット、木片の接合バットおよび竹の接合バットは、コミッショナーの許可があるまで使用できない(公認野球規則3.02(a)【注1】)[18]。ジュン石井社が1950年代後半に、いずれ上質な木材が大量供給できなくなる可能性を考えて、木目を樹脂で固めた圧縮バットを作成した。やがて各社の開発競争によりその反発力が高められ打者が有利になりすぎているのではないかと指摘されるようになり、1981年のシーズンより下田武三コミッショナーによって圧縮バットの使用は禁止された[19]

日本の高校野球編集

日本の高校野球では、上記の通り木製バット、木片の接合バット、竹の接合バット、金属製バットの使用が認められているが、現在では、芯が木製バットよりも広いために使いやすく、木製バットより折れにくいために経済的であることから金属製バットの使用がほとんどである。1974年の選手権大会から使用が認められた。とはいえ、金属製バットはすぐに広まったわけではない。当初は、甲子園でも5分の3くらいの選手しか使用していなかった[要出典]。金属製バットが一気に広まるのは、1982年に蔦文也監督が率いた徳島県立池田高校が金属バットの特性を生かして甲子園を席巻してからである[20][注釈 3]

バットの色は木目色、金属の地金の色、黒色のみとされ、それ以外の着色バットは認められていない。

金属製バットは甲高い打球音が球審や捕手の難聴の原因になるとされ、1991年には打球音を抑えた消音バットが採用されている[16][14]。その後更に過度な軽量化がなされた結果、バット自体の破損や強すぎる打球により、プレーへの安全性が懸念されたため、2001年より900g以下のバットの使用が禁止されている。

日本の社会人野球編集

社会人野球では、2005年シーズンからはすべての大会で木製バットの使用が義務付けられ、接合バット、樹脂加工バット、着色バット(ダークブラウン、赤褐色、淡黄色で、木目が目視できるもの)の使用が認められている。

かつても木製バットが使用されていたが、野球の国際的な普及を目的に、国際大会で金属バットが導入されたことから1979年シーズンから金属バットの使用が認められていた。しかし、オリンピックにおけるプロ参加が解禁されるようになり、国際大会でも木製バットが使用されるようになると、2002年シーズンからは木製バットを使用している。ただし、バットの折損からくる負担を考慮し、全日本クラブ野球選手権大会とその予選、クラブチームのみ参加する大会では、引き続き金属製バットの使用が認められていた。

トピック編集

編集

  • 川上哲治は赤く着色した赤バットを使用し、それに対抗して大下弘青バットを使用。両者の代名詞となった[注釈 4]。しかし、バックスクリーンに反射しやすい、塗料が粗悪でボールに付いてしまうなどという理由で後にカラーバットの使用が全面的に禁止された[21]。上記の通り、黒は現在は認められているが、赤や青のカラーバットは規則上使用できない[注釈 5]
  • 他に機能上の特性に関しては、イチローが打撃後に欠けた部位を発見しやすくするために黒塗りバットを導入している[注釈 2]
  • 新庄剛志は、2005年のオールスターゲーム第2戦で金色に着色されたバットを持って打席に立った[22]。また、2006年のオールスターゲーム第1戦では虹色のバットを使用した[23]。いずれも公式戦では違反になるものであるが、球審が木製のバットであることを確認し使用が認められた。
  • メジャーリーグでは、ピンクリボン・キャンペーン(乳癌撲滅運動)へ協賛するイベントとして、運動に賛同する選手が母の日の開催ゲームにおいて、ピンク色のバット(en:Pink bat)を使用している。NPBにおいても、2021年の母の日である5月9日の試合にて一日限りの使用が認められた[24]

形状編集

  • 藤村富美男は、当時のプロ野球で一般的だった35インチ程度のものよりさらに数インチ長い「物干し竿」とあだ名されるバットを使用し、赤バットの川上、青バットの大下と共に「物干し竿の藤村」として代名詞となった。
  • ヘッドの部分やグリップエンドの部分を極端に大きくしたバットを使用することがある。前述のカウンターバランスバットの一種であり、かつてメジャーでタイ・カッブ(タイ・カップ)が使用したことからタイカップ式バットと呼ばれる。中でもヘッドが太く重い形状のバットはすりこぎバットツチノコバット、グリップエンドがタイカップ式以上に大きなバットはこけしバットなどと呼ばれている。日本での先駆者は武上四郎であり、武上型のすりこぎバットで若松勉藤原満福本豊が好成績を収めたことで[25][26]、その後大石大二郎山崎賢一正田耕三土橋勝征久慈照嘉小坂誠森谷昭仁らに広まっている。使用法は若松・福本らのように強撃するタイプと、藤原・正田らのように確実に短打を狙うタイプとに分かれる。

材質編集

  • 大下弘は1948年に公認野球規則で禁止されている製のバットを密かに使用して猛打賞を記録したものの、試合後に自ら記者に明かしてしまった。このため、後日連盟から制裁金を科せられた。
  • サミー・ソーサは、本来禁止されているコルクを詰めたバットを公式戦で使用し、折れたことでそれが発覚し退場処分になった。
  • アオダモでできた木製バットはリサイクル可能であり、割り箸スプーンの柄などに使うことで余すことなく再利用できるとされる[27]

重量編集

  • 門田博光は「速い球を重いバットで打てれば、遅い球にも対応出来る」という考えの持ち主であり、1kgもある重いバットを持って打席に入っていた。

その他編集

野球以外編集

スポーツでは野球から派生した競技や野球のようにボールを打ち返す用途として「バット」と呼ばれる用具が使われることがあるが、ラケットクラブなどバットと呼ばれない場合もある。

  • 野球から派生した球技であるソフトボールでもバットが使われる(形状は野球用とほぼ同じで、練習や非公式の大会では代用可能である。ただし、公式競技ではソフトボール専用の物が使われる[要出典])。
  • クリケットではクリケットバットと呼ばれる棒状の道具がボールを打ち返す同様の目的で使われるが、野球用とは形状が著しく異なる。バットを扱う状態の選手のことを「バッツマン」と呼ぶ(「打者」や「バッター」ではない)。
  • 日本では、初期のローンテニスにおけるラケットのことを、バットとも呼んでいたといわれる[30]
  • 『テニスバット』という高齢者スポーツでは、卓球のラケットを大きくしたバットと言う器具を使う[31]
  • 卓球のラケットは英語でバットとも呼ばれる[32]

脚註編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし2021年開催の東京大会までに日本代表に参加したプロ選手が圧縮バットを使用した例はない。
  2. ^ a b 2015年頃迄にイチローはアッシュ材に切り替えたが、2016年に「タモは安定して入手できないどころか、もう全然入手できない。」旨を述べている。[7]
  3. ^ そののちに反発力を上げるがために安全基準を下回っている製品の流通も多く確認されるようになり、懸念が示されるほどになった。(『週刊ベースボール』1985年3月25日号 連載コラム 白球の視点「なにもかも、ゆがめてしまった欠陥金属バット」)
  4. ^ このほか南村侑広が学生時代より使った黒バットもあった。
  5. ^ ただし平田良介伊藤裕季也など、この色に近い色(橙色)のバットを使用する選手もいる。

出典編集

  1. ^ バットがアメリカ野球殿堂に飾られている。
  2. ^ 「強打者と歩んだ職人魂 久保田五十一」日本経済新聞2014年2月10日7面
  3. ^ 小笠原 湿度一定に保って“エコバット宣言”(2014年4月12日時点のアーカイブ) - スポーツニッポン・2009年12月5日
  4. ^ 東京中日スポーツ・2009年8月26日 3面「竜CHANGE ペナントレース編」
  5. ^ “木製バット 半数「福光産」”. 日本経済新聞. (2018年7月4日). https://r.nikkei.com/article/DGKKZO32562040T00C18A7LB0000?s=5 2020年1月7日閲覧。 
  6. ^ 富山県 特産品 2020年1月7日閲覧。
  7. ^ 3000本安打への欲は?「そりゃあるよ」…イチロー、キャンプ初日終え心境激白 : スポーツ報知(2016年2月29日時点のアーカイブ) (2016年2月24日)2016年2月24日閲覧
  8. ^ アオダモ資源育成の会
  9. ^ かっとばし!!「折れたバットをリサイクル」 日本プロ野球選手会
  10. ^ a b c d 𦚰田健史, 松下幸司「野球用木製バットの材種と流通」『森林応用研究』第24巻第2号、応用森林学会、2015年、 19-27頁、 doi:10.20660/applfor.24.2_19ISSN 1342-9493NAID 130008062830
  11. ^ 金属バットのできるまで コクサイ株式会社 2016年10月28日閲覧
  12. ^ 「日本シャフト」に突撃取材 はまれぽ.com (2014年8月13日)2016年10月28日閲覧
  13. ^ THE MAKING (89) 金属バットができるまで |サイエンス チャンネル(動画) 科学技術振興機構(2001年)
  14. ^ a b c 今日も甲子園に鳴り響く金属音! 高校野球の金属バットのヒミツに迫る
  15. ^ 水面下で続いている金属バットの日米格差を放置したままでいいのか(菊地慶剛) - 個人 - Yahoo!ニュース(2017年9月28日)
  16. ^ a b c 金属バット離れ、海外で進む 「けがする危険」で波紋 朝日新聞(2007年03月27日)
  17. ^ 山川卓也, 市川銀一郎, 芳川洋, 浪越里香子, 金永順「スポーツと聴力障害」『AUDIOLOGY JAPAN』第34巻第5号、日本聴覚医学会、1991年、 597-598頁、 doi:10.4295/audiology.34.597ISSN 0303-8106NAID 130003711925
  18. ^ a b 野球・ソフトボール用具規則 ミズノ
  19. ^ コミッショナーのキャンプ視察 思い出される“下田武三伝説”
  20. ^ 【高校野球100年】池田・江上元主将が明かす「やまびこ打線」誕生の裏側”. スポーツニッポン (2015年6月30日). 2019年11月15日閲覧。
  21. ^ 球界「黄金時代」譚 104 川上哲治 1 - 「月刊リベラルタイム」 2014年1月号(2013/12/03発行) p.64-65 秋津弘貴
  22. ^ やっぱり輝いてた金色バットでファンを魅了 - 新庄カウントダウン プロ野球”. nikkansports.com (2005年7月24日). 2016年11月25日閲覧。
  23. ^ 光った!優秀選手賞/オールスター - 新庄カウントダウン プロ野球”. nikkansports.com (2006年7月22日). 2016年11月25日閲覧。
  24. ^ プロ野球「母の日」企画 選手がピンクのバットやスパイク使用”. 毎日新聞 (2021年5月9日). 2021年5月9日閲覧。
  25. ^ 門田隆将『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社、2008年)196-197頁
  26. ^ 福本豊『走らんかい!』(ベースボール・マガジン社、2009年)158頁
  27. ^ 折れたバットを箸に再利用。日本のリサイクル活動が米国で話題に - 2018年1月14日 スポーティ(2022年6月26日閲覧)
  28. ^ 《ブレーブス外国人選手列伝》バルボン、ブーマーら阪急、オリックスの外国人選手の系譜 週刊野球太郎、2016年11月27日
  29. ^ 1965年10月<阪急―南海26回戦>8回、バットを逆さに持ち打席に立つスペンサーさん Sponichi Annex、2017年1月3日
  30. ^ 日本テニス協会公式サイト - ミュージアム明治のテニス・ラケット物語 2 和製ラケットの製造と「庭球」の成長
  31. ^ [1]
  32. ^ [2]

関連項目編集

外部リンク編集