メインメニューを開く

神奈川県道515号三井相模湖線

日本の神奈川県の道路

神奈川県道515号三井相模湖線(かながわけんどう515ごう みいさがみこせん)は、神奈川県相模原市緑区三井から同市同区嵐山付近に至る県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
神奈川県道515号標識
神奈川県道515号
三井相模湖線
起点 神奈川県相模原市緑区三井
終点 神奈川県相模原市緑区千木良
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
最大幅1.7mの制限がされている。
ほとんどの区間がこのような狭い道となっている
全面通行止標識(赤馬集落側)
上の標識の先も道は続くが、まもなく通行不能となる(赤馬集落側)

同区間は、相模川を挟んで津久井街道と併走しているが、道幅は1.7m弱であり、普通自動車が通り抜けできるような広さではない。一部の区間では廃道となっており、現在は封鎖されている。また、同県道の津久井湖周辺部分は終日二輪車通行禁止となっている。

概要編集

通過する自治体編集

経路および接続する主な道路編集

重複区間編集

周辺の地理・施設編集

 
通行止め区間
 
通行止め区間は土砂崩れが酷い
 
土砂崩れが酷い場所だとガードレールより高く土砂が積もっていて通行はかなり危険

関連項目編集

外部リンク編集