待避所(たいひじょ)とは、狭隘道路車両同士が行き違い(離合)を行うための空間、または長い急坂に設置される構造物である。なお、法令上では非常駐車帯と設置目的が異なり、区別される。本項では、長い下り坂に設置される緊急退避所についても記述する。

狭隘道路における待避所編集

 
待避所

狭隘道路で車両同士が行き違いを行うための待避所は、1車線または幅員の狭い道路で、車両が行き違いするために適当な間隔で設置される、路肩より広い空間である。

2車線化ができない道路の改良手段として設けられる場合もある(車線の項を参照)ほか、待避所の案内標識も存在する(下図を参照)。

緊急退避所編集

 
緊急退避所

緊急退避所英語版(Runaway truck ramp)は、下り坂でブレーキが故障した車両のほか、フェード現象ベーパーロック現象を起こした車両を停止させるため、砂れき(Sand pile escape ramp)や古タイヤなどを積んだ上り坂の側道として、坂の終点や中腹に設置される。緊急避難所と表示されることもある。

箱根新道碓氷バイパス国道274号日勝峠国道45号の中野坂峠、東九州自動車道末吉財部 - 国分[注 1] のほか、山岳地帯の主要道に散見される。最低地上高の低い一般的な車両が突入した場合、スタックや車両破損の可能性はあるが、死亡事故を含めた重大事故の回避率が大幅に上げられることが期待できる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 下り線479.6キロポストに設置。

関連項目編集