メインメニューを開く

神社産土教(じんじゃうぶすなきょう)は、日本神社神道包括宗教法人の一つ。広島県三原市に本部を置く[1]

概要編集

広島県下の神社を中心に構成される包括宗教法人である[1]。72社の神社が所属しており、神社本庁以外の神社神道団体としては誠心明生会(91社)、神社本教(78社)に次ぐ規模の宗教法人である[1]

かつては神社産土教本部のある三原市に居住する高尾彰比古が主管長を務めており、神職12人・信者9700人であった[2]。現在は広島県竹原市八幡神社に住所を置く[3]八和田昭彦が主管長であり、神職8人・信者54367人に規模は縮小している[1]

教派神道の教団とは違い、神社のみを包括している。文化庁も神社神道に分類し「神社本庁と同様,神社が結集して成立したもの」の例として挙げている[1]

所在地編集

広島県三原市西宮 1 - 1 - 1。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『平成29年版 宗教年鑑』参照
  2. ^ 『平成7年版 宗教年鑑』参照
  3. ^ 2012年版 広島県竹原市忠海中町の電話帳