メインメニューを開く

福の神(ふくのかみ)は狂言の演目のひとつ。派手な衣装に身を纏った福の[1]のその出で立ちと世俗的、庶民的な性格とのギャップを楽しむ祝言

登場人物編集

  • シテ:福の神
  • アド:参詣者

あらすじ編集

大晦日の夜[2]、毎年神社で豆まきをして年を越すのを恒例としていた二人の男が福の神を祀るその神社参詣した。は外、は内とを持って囃し立てると、大きな笑い声をあげて福の神が現れる。福の神は「毎年参拝に来るお前達を金持ちにしてやろう。だからをくれ」と二人に要求する。男たちが福の神へ酒を奉げると、旨そうに飲みながら、福の神は歌いはじめる。金持ちになる秘訣として「早起きをし、他人に優しくし、客を拒まず、夫婦仲良くすることだ」と。

脚注編集

  1. ^ 和泉流では丸頭巾、大蔵流では烏帽子を被るなどの流派によって違いがある。
  2. ^ 大晦日の豆まきについては、元来節分とは新年を迎える境のことであり旧暦の大晦日である、この節分の豆まきは追儺(ついな)と呼ばれた鬼払いの行事である。

参考文献編集

  • 『名作狂言50』- 小林責(世界文化社、2005年)

外部リンク編集