福原 助就(ふくはら すけなり、天文17年(1548年) - 天正5年11月27日1578年1月5日))は、戦国時代武将

赤松氏の庶流の一族で、高倉山城を領していた。羽柴秀吉の中国征伐が始まると、毛利氏と手を結んで福原城に籠ったが、小寺孝高の軍略に引っかかり、平塚為広によって討たれた。

関連項目編集