メインメニューを開く
福原豊功

福原 豊功(ふくばら とよのり、1852年8月10日嘉永5年6月25日) - 1895年7月27日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴編集

長州藩京都留守居役福原与三兵衛世民の二男として生まれる。奇兵隊士として戊辰戦争に従軍し奥羽に転戦。1869年イギリスに出張。1870年、大隊4等士官、さらに陸軍准少尉に任官し近衛付となった。熊本鎮台歩兵第12連隊中隊長として台湾出兵に従軍。さらに、1877年2月から10月まで西南戦争に出征した。

歩兵第13連隊大隊長、熊本鎮台・大阪鎮台中部監軍部東京鎮台の各参謀歩兵第18連隊長などを経て、1887年11月、陸軍大佐に進級。近衛歩兵第2連隊長、第5師団参謀長、第6師団参謀長などを歴任し、1894年8月、陸軍少将に進級。歩兵第8旅団長を経て、南部兵站監として日清戦争末に出征し、戦後の占領地総督府参謀長となったが、1895年7月、コレラにより戦病死した。

1897年10月、その功により嗣子基蔵に男爵の爵位が追贈された。

栄典・授章・授賞編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第731号「賞勲叙任」1885年12月7日。
  2. ^ 『官報』第1970号「叙任及辞令」1890年1月25日。
  3. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  4. ^ 『官報』第3388号「叙任及辞令」1894年10月11日。
  5. ^ 『官報』第3623号「叙任及辞令」1895年7月27日。
  6. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  7. ^ 『官報』第4577号「告示」1898年9月30日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。