メインメニューを開く

福 寛美(ふく ひろみ、女性、1962年1月26日[1]- )は、日本民俗学者。専攻は琉球文学神話学・民俗学。[2]

東京都台東区生まれ[3]。福は旧姓。本姓・田中。1984年学習院大学文学部国文学科卒業。90年同大学院博士後期課程単位取得退学。2002年「沖縄と本土の信仰にみられる他界観の重層性」で文学博士[4]法政大学兼任講師・法政大学沖縄文化研究所国内研究員。

著書編集

  • 『沖縄と本土の信仰に見られる他界観の重層性』DTP出版 2003
  • 喜界島・鬼の海域 キガイガシマ考』新典社新書 2008
  • 『うたの神話学 万葉・おもろ琉歌』森話社 2010
  • 『琉球の恋歌 「恩納なべ」と「よしや思鶴」』新典社新書 2010
  • 『夜の海、永劫の海』新典社新書 2011
  • 『『おもろさうし』と群雄の世紀 三山時代の王たち』森話社 2013
  • ユタ神誕生』南方新社 2013
  • 『ぐすく造営のおもろ 立ち上がる琉球世界』新典社新書、2015

共著編集

  • 琉球王国倭寇 おもろの語る歴史』吉成直樹共著 森話社 叢書・文化学の越境 2006
  • 『琉球王国誕生 奄美諸島史から』吉成直樹共著 森話社 叢書・文化学の越境 2007

論文編集

編集

  1. ^ 『琉球の恋歌』著者紹介
  2. ^ 『『おもろさうし』と群雄の世紀』著者紹介
  3. ^ 『琉球の恋歌』著者紹介
  4. ^ 学習院大学博士論文一覧