福島新橋(ふくしましんばし)は、助任川に架かる平面である。

福島新橋
Fukushima New Bridge.jpg
基本情報
日本
所在地 徳島市中洲町三丁目)-徳島市(新南福島一丁目)間
交差物件 助任川
設計者
施工者
山本卯太郎
構造諸元
形式 プレストレスト・コンクリート橋
全長 46.6m
5.3m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

徳島県徳島市中洲町一丁目(西岸)と徳島市新南福島一丁目(東岸)を結ぶ。

歴史編集

1927年昭和2年)2月に地元住民が徳島市中央交通整備期成同盟会を結成し、市中央部の中洲と対岸の木工業の町福島を結ぶ鉄筋コンクリート橋の架設運動に始まる。

一方で、福島港の港湾機能を破壊するものとする架設反対論を引き起こした。このような中で翌3年に港湾機能を破壊しない開閉橋を架けることとなり、翌4年に徳島市によって着工され、1930年昭和5年)3月に当時県下唯一の開門橋として完成[1]

その後、1945年(昭和20年)7月の徳島大空襲によって橋脚が破壊されたため、1949年(昭和24年)2月に改修された。

隣の橋梁編集

(上流) - 福島橋 - 福島新橋 - 中洲みなと橋 - (下流)

脚注編集

  1. ^ 「徳島市に架せられた最新式跳上橋」『土木建築工事画報』第6巻第5号、工事画報社、1930年(昭和5年)5月。