福田 安典(ふくだ やすのり、1962年4月 - )は、日本の国文学者、日本女子大学教授。専門は日本近世文学[1]

人物編集

大阪市生まれ。1986年大阪大学文学部国文科卒。同大学院文学研究科後期課程単位取得退学。1996年、日本古典文学会賞受賞[2]。大阪大学文学部助手、甲子園短期大学専任講師を経て、愛媛大学教育学部助教授、准教授、教授を経て、日本女子大学文学部教授。2013年、共著『三輪田米山日記を読む』で愛媛出版文化賞受賞。同年、『平賀源内の研究 大坂篇』で医譚賞を受賞[3]。2020年、共著『伊予俳人栗田樗堂全集』で文部科学大臣賞を受賞[4]

著書編集

  • 『驚きのえひめ古典史』創風社出版 風ブックス 愛媛文学小鑑、2000年
  • 平賀源内の研究 大坂篇 源内と上方学界』ぺりかん社、2013年
  • 『医学書のなかの「文学」 江戸の医学と文学が作り上げた世界』笠間書院、2016年

共編著編集

論文編集

外部リンク編集

脚注編集