日本古典文学学術賞

日本の学術新人賞
日本古典文学会賞から転送)

日本古典文学学術賞(にほんこてんぶんがくがくじゅつしょう)は、日本の学術新人賞。国文学研究資料館賛助会主催。

かつて存在した日本古典文学会主催の日本古典文学会賞(にほんこてんぶんがくかいしょう)についても本記事で取り扱う。停止後、同賞は日本古典文学学術賞に継承された。

概要編集

財団法人日本古典文学会が主催する学術賞として、1974年度より日本古典文学会賞が開始。毎年35歳以下の日本古典文学研究者(日本近代文学を除く)の論文を中心とする業績に対して授与された。当時「若手国文学者の登龍門」と位置づけられていた[1]

2006年に主催が解散[2]して停止したが、2008年度から国文学研究資料館賛助会主催の日本古典文学学術賞として継承された[3]。同賞は、若手日本古典文学研究者の奨励と援助を目的とし[3]、業績の公表時に40歳未満である研究者(3名以内)に贈られる[3]

日本古典文学会賞受賞者編集

  • 第1回(1974年度)
  • 第2回(1975年度)
    • 稲田利徳 「日次系草根集伝本考」ほかの一連の正徹研究
    • 神尾暢子 「歳内立春と古今巻頭-王朝の暦法と元方の方法」ほか中古文学作品の研究
    • 橋本朝生 天正狂言本の大小名狂言-狂言の形成序説2」ほか中世芸能史研究
  • 第3回(1976年度)
    • 日下力 「金刀比羅本『平治物語』の構造」ほかの一連の中世軍記物語の研究
    • 神野志隆光 「古代時間表現の一問題-古事記覚書」ほか
    • 山口仲美 「歌物語における歴史的現在法」ほか
  • 第4回(1977年度)
  • 第5回(1978年度)
  • 第6回(1979年度)
    • 位藤邦生 「伏見宮連歌会と源氏寄合い」ほか
    • 徳田武「『三七全伝南柯夢』論」ほか
    • 林雅彦「絵解きに関する覚書一」ほか
  • 第7回(1980年度
    • 川村晃生 「僧正遍照-その詠歌の特質をめぐって」ほか過去の業績
    • 徳田和夫「お伽草子時代の説話-『碧山日録』の説話享受から」ほか
    • 三田村雅子「『枕草子』の〈笑ひ〉と〈語り〉」ほか
  • 第8回(1981年度)
    • 加藤定彦 「増山井をめぐる問題」ほか季寄に関する研究
    • 小峯和明「『今昔物語集』天竺部の形成と構造2」ほか一連の「今昔物語集」研究
    • 森正人「説話形成と天竺・震旦仏法史」ほか一連の『今昔物語集』研究
  • 第9回(1982年度)
    • 牧野和夫 「中世の太子伝を通して見た一、二の問題2」及び過去の一連の研究
    • 三角洋一 「平安中後期の『住吉物語』」及び過去の業績
    • 山崎誠「『和漢朗詠註抄』攷」及び過去の業績
  • 第10回(1983年度)
  • 第11回(1984年度)
    • 阿部泰郎 「慈童説話の形成-天台即位法の成立をめぐりて」ならびに過去の業績
    • 北川和秀 「『続日本紀』諸本の系統」等ならびに過去の業績
    • 山本一 「速詠の季節-文治後半の慈円と周辺」ならびに過去の業績
  • 第12回(1985年度)
    • 黒田彰 「酒呑み童子と白猿伝-唐代伝奇御伽草子」等ならびに過去の業績
    • 早川厚一・佐伯真一・生形貴重 「四部合戦状本平家物語評釈」ならびに過去の業績
  • 第13回(1986年度)
    • 山崎福之「『万葉集』巻十六の漢語-『劇欹』をめぐって」ならびに過去の業績
  • 第14回(1987年度)
    • 荻原千鶴 「女鳥王物語と春日氏后妃伝承の定着」及び一連の女鳥王説話の研究
    • 田坂憲二「源氏物語注釈」に関する多年の業績
    • 藤原克巳「平安朝の漢文学」ほか
  • 第15回(1988年度)
  • 第16回(1989年度)
  • 第17回(1990年度)
    • 鉄野昌弘 「転換期の家持-『臥病』の作をめぐって」ほか一連の家持研究
    • 小林直樹 「『三国伝記』の方法-別伝接続と説話連関をめぐって」ほか一連の業績
  • 第18回(1991年度)
  • 第19回(1992年度)
  • 第20回(1994年度)
  • 第21回(1995年度)
  • 第22回(1996年度)
  • 第23回(1997年度)
  • 第24回(1998年度)
    • 池澤一郎「近世中期の文人画家、浦上玉堂の研究」など
    • 鈴木元 『室町の歌学と連歌』新典社
    • 横山泰子『江戸東京の怪談文化の成立と変遷 十九世紀を中心に』風間書房
  • 第25回(1999年度)
  • 第26回(2000年度)
  • 第27回(2001年度)
  • 第28回(2002年度)
  • 第29回(2003年度)
  • 第30回(2004年度)
    • 神津武男 論文「浄瑠璃本の刊行日」ほか
    • 佐藤かつら 「明治初期における新聞と歌舞伎」ほか
    • 鈴木彰 「『蜷川家文書』にみる軍記物語享受の諸相とその環境」ほか
  • 第31回(2005年度)

日本古典文学学術賞受賞者編集

  • 第1回(2008年度)
  • 第2回(2009年度)
  • 第3回(2010年度)
    • 久保木秀夫『中古中世散佚歌集研究』青簡舎
    • 水谷隆之「『団袋』の西鶴-団水との両吟半歌仙について-」
  • 第4回(2011年度)
    • 金時徳『異国征伐戦記の世界-韓半島・琉球列島・蝦夷地-』笠間書院
  • 第5回(2012年度)
  • 第6回(2013年度)
  • 第7回(2014年度)
    • 木越俊介『江戸大坂の出版流通と読本・人情本』清文堂
  • 第8回(2015年度)
    • 合山林太郎『幕末・明治期における日本漢詩文の研究』和泉書院
  • 第9回(2016年度)
    • 木下華子『鴨長明研究―表現の基層へ―』勉誠出版
    • 牧藍子『元禄江戸俳壇の研究―蕉風と元禄諸派の俳諧―』ぺりかん社
    • 小財陽平『菅茶山とその時代』新典社
  • 第10回(2017年度)
    • 高野奈未『賀茂真淵の研究』青簡舎
    • 渡瀬淳子『室町の知的基盤と言説形成-仮名本『曽我物語』とその周辺-』勉誠出版
  • 第11回(2018年度)
    • 大石真由香『近世初期『万葉集』の研究 - 北村季吟と藤原惺窩の受容と継承』和泉書院、『陽明文庫所蔵「古活字本万葉集」の紫による書入訓について-京大本代赭書入との比較から-』国文研共同研究 (特定研究) 「万葉集伝本の書写形態の総合的研究」 論文編
    • 高松亮太『秋成論攷 - 学問・文芸・交流』笠間書院
    • 裵寛紋『宣長はどのような日本を想像したか - 『古事記伝』の「皇国」』笠間書院
  • 第12回(2019年度)
    • 天野聡一『近世和文小説の研究』笠間書院
    • 猪瀬千尋『中世王権の音楽と儀礼』笠間書院
    • 松本大『源氏物語古注釈書の研究 『河海抄』を中心とした中世源氏学の諸相』和泉書院
  • 第13回(2020年度)
    • 田中草大『平安時代における変体漢文の研究』勉誠出版
    • 丸井貴史『白話小説の時代-日本近世中期文学の研究ー』汲古書院
  • 第14回(2021年度)
    • 瓦井裕子『王朝和歌史の中の源氏物語』和泉書院
    • 澤崎文『古代日本語における万葉仮名表記の研究』塙書房

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高木元十年一日」『日本古典文学会会報 別冊(終巻号)』、日本古典文学会、2006年12月。
  2. ^ 財団法人日本古典文学会”. 学協会著作権ポリシーデータベース. SCPJ(Society Copyright Policies in Japan). 2013年12月27日閲覧。
  3. ^ a b c 日本古典文学学術賞 | 国文学研究資料館” (日本語). 日本古典文学学術賞 | 国文学研究資料館. 2021年10月9日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集