メインメニューを開く

福田 眉仙(ふくだ びせん、明治8年(1875年9月5日 - 昭和38年(1963年10月28日)は、新南画を拓いた画家。

目次

経歴編集

1875年(明治8年)、兵庫県矢野町瓜生(現在の相生市)に生まれる。幼少の頃から絵が巧みで、森光専寺に13歳頃の絵が残されている。のち、京都の久保田米僊、ついで東京美術学校橋本雅邦に画技を学ぶ。特にその校長岡倉天心には人格的に深い影響をうけた。

1898年(明治31年)天心・雅邦が日本美術院を創設すると、横山大観下村観山菱田春草らとこれに参加した。 1909年(明治42年)、師天心から託された南画復興を叶えるため、日露戦争後の中国大陸を約3年にわたってスケッチ旅行をした際、峨眉山の壮観さに感銘を受け、号を眉山にしたとされる[1]。 1917年(大正6年)六甲山麓苦楽園に居を移し、長虹画窟を構えた。

1963年(昭和38年)、88歳で死去。  

作風編集

眉仙の画風は、師岡倉天心から「日本美術院の中で、その性格・筆致が南画にてきしているのは君ひとりだから、衰退している南画を君の手で復興してもらいたい」と激励された[1]ということでもわかるように、南画(文人画)を基調とするものであるが、根底を支えるものは写実主義である。画題・画意によってもっともふさわしい画風を駆使し、「新南画風」とでもいうべき眉仙独自の画境を拓き、日本美術史に独自の足跡をとどめている。

代表作編集

  • 「支那三十図巻」 紙本墨画淡彩 全30巻 姫路市立美術館蔵 1917-19年 2年かけて制作した全長200mを超す大作
  • 「富士五湖図」 絹本著色 六曲一双 姫路市立美術館蔵 1936年
  • 「中国三十図巻」 全30巻 コロンビア大学蔵 1950-58年 湯川秀樹の仲介でコロンビア大学に贈られた全長450mの超大作

脚注編集

参考文献編集

  • 相生市教育委員会 『郷土のあゆみー相生』 相生市役所、1972年(非売品)
  • 山脇佐江子 「福田眉仙-近代日本画のかげで」『姫路市立美術館 研究紀要』第8号、2008年3月、pp.1-12
  • 姫路市立美術館編集・発行 『没後50年 福田眉仙《支那三十図巻》』 2014年2月