メインメニューを開く

福田 美蘭(ふくだ みらん、1963年2月6日 - )は、日本現代美術家

福田 美蘭
生誕 (1963-02-06) 1963年2月6日(56歳)
東京都
出身校 東京芸術大学大学院
著名な実績 現代美術
受賞 第32回安井賞
1989年 「水曜日」

目次

来歴編集

東京都世田谷区出身。父はグラフィックデザイナーの福田繁雄、祖父は童画家の林義雄。小学校から高等学校まで聖心女子学院に学ぶ。1981年東京芸術大学美術学部絵画科に入学、1985年卒業、同年、東京芸術大学大学院に進み、1987年修了。1988年6月ギャルリーユマニテ東京にて初個展を開催する。1988年10月から朝日新聞(夕刊)連載小説、赤川次郎『人形たちの椅子』の挿絵を担当(1989年5月まで)[1]。1989年には「第32回安井賞展」において、当時史上最年少の26歳で同賞を受賞した[2]。過去の名画にデジタル加工するなど手を加えたり、食材など身の回りの素材を組み合わせたりした作品が多い。

受賞歴編集

  • 1987年 第18回現代日本美術展佳作賞
  • 1988年 第17回日本国際美術展富山県立近代美術館賞
  • 1989年 第32回安井賞展安井賞 「水曜日」
  • 1991年 第7回インドトリエンナーレ金賞
  • 1992年 第21回現代日本美術展群馬県立近代美術館賞
  • 1994年 第1回VOCA展VOCA賞[3]
  • 1995年 エイボン女性年度賞エイボン芸術賞[4]
  • 1996年 フィリップモリス・アートワード1996展優秀賞[5]
  • 1997年 第4回VOCA展選考委員特別賞[6]
  • 2001年 大阪トリエンナーレ2001堺市賞[7]
  • 2014年 第64回芸術選奨文部科学大臣賞[8]

主な個展編集

参考文献編集

  • 福田美蘭『ピクチュアレスク -Miran Fukuda 1992-1998』朝日新聞社 1998
  • 「芸術新潮」1999年8月号
  • 村田真『美術家になるには』ぺりかん社 2002

脚注編集

  1. ^ 1963-, Fukuda, Miran,; 1963-, 福田美蘭, (1998). Picturesque : 1992-1998. Tōkyō: Asahi Shinbunsha. ISBN 4022586524. OCLC 165253885. https://www.worldcat.org/oclc/165253885. 
  2. ^ “「ひと」”. 朝日新聞社. (1994-05-03東京,朝刊) 
  3. ^ 上野の森美術館 - VOCA展1994 - VOCA賞 - STAINED GLASS”. www.ueno-mori.org. 上野の森美術館. 2018年12月16日閲覧。
  4. ^ エイボン女性年度賞|CSR|AVON|エイボン” (日本語). www.avon.co.jp. 2018年12月16日閲覧。
  5. ^ 福田 美蘭プロフィール 現代グラフィックアートセンター - DNP”. www.dnp.co.jp. 2018年12月15日閲覧。
  6. ^ 上の森美術館-VOCA展”. 2018年12月15日閲覧。
  7. ^ 大阪トリエンナーレ2001”. 2018年12月15日閲覧。
  8. ^ 文化庁 芸術選奨”. 2018年12月15日閲覧。
  9. ^ 国立国際美術館 過去の展覧会”. 2018年12月15日閲覧。
  10. ^ 東京都美術館 展覧会”. 2018年12月15日閲覧。

関連項目編集