メインメニューを開く

林 義雄(はやし よしお、1905年1月29日[1] - 2010年12月9日[2])は童画画家

グラフィックデザイナーの福田繁雄は、義理の息子(娘の夫)。画家の福田美蘭は孫。

略歴編集

東京府東京市深川区深川に生まれた。

1924年大正13年)中央美術展に入選。蔦谷龍岬のもとで日本画を学ぶ。1961年昭和36年)に武井武雄黒崎義介らとともに日本童画家協会を設立。100歳を過ぎてからも作品の発表を行っていた。

2010年12月9日、老衰のため東京都稲城市の病院で死去。105歳没(104歳没とも[2])。

脚注編集

関連項目編集