禰寝 清純(ねじめ きよずみ)は、江戸時代中期の薩摩藩士。吉利郷私領主の禰寝家当主。

 
禰寝清純
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年(1696年
死没 享保9年3月25日1724年4月18日
改名 徳慈丸、清純
別名 仙十郎
主君 島津綱貴吉貴継豊
薩摩藩
氏族 島津氏禰寝氏
父母 島津綱貴江田国重娘お豊の方
兄弟 島津吉貴、菊次郎、島津久儔島津忠直島津久方清純島津久東、鍋保丸、
島津久福、亀姫、栄、島津久智室、
町田久儔室、桂久音
禰寝清雄
清方
テンプレートを表示

生涯編集

元禄9年(1696年)、3代藩主・島津綱貴の五男として江戸にて誕生。母は江田国重の娘。当初、禰寝清雄の養子であった実兄・愛寿丸が藩命で島津久洪の養子となったため、元禄12年(1699年)に代わって禰寝家の家督を相続する。宝永元年(1704年)、江戸島津藩邸で元服する。宝永2年(1705年)、吉利に初入部する。正徳5年(1715年)、一番組頭、番頭となる。享保7年(1722年)、5代藩主・島津継豊と共に江戸に出府し、継豊の家督相続の御礼言上の際に、江戸城で8代将軍・徳川吉宗に拝謁する。

享保9年(1724年)3月25日死去。享年29。家督は嫡男・清方が相続した。

系譜編集

参考文献編集