秋元源彌 (1886年生の実業家)

秋元 源彌秋元 源弥、あきもと げんや、前名・梅吉[1][2]1886年明治19年)5月18日[3] - 没年不明)は、日本商人(近江屋、皮革商)[1][4][5]実業家。秋元皮革社長[3][6][7]。族籍は東京府平民[2]

人物編集

東京府人・秋元源彌の二男[1][3][4]1915年家督を相続し、前名・梅吉を改める[2][3]。「近江屋」と称し、皮革商を営み傍ら会社の重役である[1][3][4]。秋元皮革社長、旭薬品工業、日本家畜市場、千住屠場各取締役、日本畜産工業常務取締役などをつとめる[2][3]

1936年紺綬褒章を賜る[7]。宗教は真宗[5][6][7]。趣味は読書[6]旅行、事業[5][6][7]。住所は東京市下谷区入谷町[3][4]、坂本町[5]、営業所は荒川区三河島[6]

家族・親族編集

秋元家

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 芝崎彌七の二女は神戸元町通精肉商・岸田貫次郎の妻である[9]

出典編集

  1. ^ a b c d e 『現代人事調査録』ア2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第7版』あ109頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 『大衆人事録 第3版』ア之部62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『人事興信録 第11版 上』ア94頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第12版 上』ア87頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『大衆人事録 第14版 東京篇』24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第14版 上』ア72 - 73頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月17日閲覧。
  8. ^ 『京浜実業家名鑑』609頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年12月17日閲覧。
  9. ^ 『人事興信録 第5版』き52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月16日閲覧。

参考文献編集

  • 遠山景澄編『京浜実業家名鑑』京浜実業新報社、1907年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 猪野三郎編『現代人事調査録』帝国秘密探偵社ほか、1925年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937 - 1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 東京篇』帝国秘密探偵社、1942年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。

関連項目編集