秋本俊一

日本の地球物理学者

秋本 俊一(あきもと しゅんいち、1925年12月20日 - 2004年7月14日)は日本地球物理学者東京大学名誉教授。日本学士院会員。東京生まれ。

秋本 俊一
生誕 1925年12月20日
日本の旗 日本 東京
死没 (2004-07-14) 2004年7月14日(78歳没)
研究分野 地球物理学
主な受賞歴 日本学士院賞(1973年)
ウィリアム・ボウイ・メダル(1983年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

1958年 東京大学より理学博士 「岩石磁気の基礎としての造岩強磁性鉱物の磁気的性質 」

1976年 東京大学物性研究所教授、1986年 同名誉教授。1987年 岡山大学地球内部研究センター教授、1989年 センター長。地球内部にあるマントル間で観測される地震波の不連続性の理由を初めて実証した。

1973年に川井直人とともに研究題目「超高圧・高温下における地球物質の実験的研究」で日本学士院賞を受賞。1997年文化功労者

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集