メインメニューを開く

秋田 三一(あきた さんいち、1895年明治28年)3月22日[1] - 1987年昭和62年)9月18日[2])は、日本政治家貴族院議員[3][4]、山口県多額納税者[4][5]実業家。神戸近海汽船代表取締役[1]。旧姓・武光

人物編集

山口県防府市出身[1]。生家の武光家は防府天満宮で代々大宮司を務めた。武光信雄の三男で、下関の秋田寅之介の養子となる[4][5][6]1918年東京帝国大学法科大学法律学科(英法科)卒業[5][7]三井銀行横浜支店に入り、彦島船渠常務取締役を経て秋田汽船に転じ、代表取締役となる[4]材木海運貿易鉱業を営む[4][5]。山口県多額納税者に列し、1939年、貴族院議員に互選される[4]。趣味は剣道尺八[4][5]。宗教は真宗[4][5]

家族・親族編集

秋田家

兵庫県芦屋市平田町[1]、山口県下関市東南部町[4][5][6]、東京都

1875年 - 1953年
  • 妻・梅子(養父・寅之介の長女)[4][6]
1899年 -
1918年 - 2011年
  • 同妻(兵庫、八馬兼介の娘)[3]
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』あ78頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』183頁。
  3. ^ a b c 『豪閥 地方豪族のネットワーク』385-393頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第13版 上』ア69-70頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 上』ア69頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月22日閲覧。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第7版』あ103頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月23日閲覧。
  7. ^ 『東京帝国大学一覧 從大正7年 至大正8年』学士及卒業生姓名 法学士 法律学科82-83頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月22日閲覧。

参考文献編集

  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正7年 至大正8年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。