秦 観(しん かん、1049年皇祐元年) - 1100年元符3年))は、中国北宋時代の詩人・政治家。は少游・太虚。号は淮海居士。高郵軍の出身。

蘇軾の門下であり、蘇門四学士のひとり。1085年元豊8年)の進士。太常博士・国史館編修になったが、紹聖年間(1094年 - 1098年)に入ると新法派によって中央から退けられた。杭州通判を皮切りに雷州郴州などに左遷され、召還をうけて帰途にあった藤州で生涯を終えた。

詩風を一言で表現すると繊細であり、女性の様な弱々しさとの評がある。また、においては男女間の機微を詠った作品が多い。

関連項目編集

  • 陸游 - 陸游の(務観)は秦観のそれに由来するという。