晁 補之(ちょう ほし、1053年 - 1110年)は、中国北宋時代の文章家。は無咎、帰來子と号する。済州鉅野県の出身。蘇軾蘇轍兄弟に学び、秦観黄庭堅張耒と共に「蘇門四学士」と称された。

生涯編集

聡明で記憶力がよく、文章がうまいところから王安国にその才能を認められる。17歳の時に父の晁端友に連れられ杭州に行き、銭塘の風物を詩に詠じ、蘇軾に見いだされ広く知られるようになる。郷試・会試ともに第一位で、元豊2年(1079年)に進士となる。神宗の時代に北京国子監教授となる。元祐元年(1086年)に太学正、著作佐郎となる。紹聖元年(1094年)に斉州知州となり、『神宗実録』を編修したが、間違った記述をしたという理由で応天府、ついで亳州の通判に左遷され、哲宗元符2年(1099年)にはさらに処州に赴任する途中、喪(丁憂)に服し、信州の酒税となる。徽宗の代に召されて吏部外郎・礼部員外郎中・国子編修実録検討官を拝命する。ついで河中府湖州密州果州をへて、鴻慶宮の主管になる。大観年間の末に達州知州・泗州知州となり、まもなく没する。任城県呂村に葬られた。南宋高宗建炎4年(1130年)、龍図閣直学士を贈られた。

著作編集

陶淵明の人となりを慕い、故郷に帰來園を作り帰來子と称する。従弟の晁謙之が編んだ『鶏肋集』が残されている。楚の詞論にもっとも通じ、屈原宋玉以来の賦を集め『変離騒』などの書を編纂した。

参考文献編集