稲田 定雄(いなだ さだお、1909年7月1日 - 1993年12月17日[1])は、日本のロシア文学者、歌人作家

福岡県八幡市(現北九州市)生まれ。1934年大阪外国語学校ロシア語科卒。日本ロシア文学会理事。国鉄門司鉄道局勤務、実業之世界社および日露通信社の記者、陸軍航空通信学校教官などの経歴を有し、交通新聞私小説的な作品である『或る女の横顔』を連載。姉妹編として短編集『妻の体温』がある。また「創作」(若山牧水が創始者)に参加した歌人でもあり、昭和万葉集に作品が収められている。

作品編集

翻訳
歌集
  • 『自然発火』金山堂書店、1958.7
  • 『危ふき均衡』短歌新聞社、1975.5
小説
  • 『妻の体温』雁書館、1981.12
  • 『或る女の横顔』雁書館、1981.12

翻訳元の作品編集

脚注編集

  1. ^ 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.74

参考編集

  • 『長崎の雨』訳者紹介文
  • 『妻の体温』星加輝光「稲田氏の小説のことなど」

外部リンク編集