稲荷前駅(いなりまええき)は、かつて愛知県丹羽郡岩倉町稲荷[2](現在の岩倉市)にあった名古屋鉄道犬山線

稲荷前駅
MT-Inari-mae Station-AP1946.jpg
1946年
帰属:国土交通省「国土画像情報(カラー空中写真)」
配布元:国土地理院地図・空中写真閲覧サービス
いなりまえ
大山寺 (0.8km)
(0.6km) 布袋
所在地 愛知県丹羽郡岩倉町稲荷(営業時)
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 犬山線
キロ程 8.9km(枇杷島橋起点)
駅構造 地上駅
乗車人員
-統計年度-
41人/日(降車客含まず)
-1926年[1]-
開業年月日 1912年(大正元年)8月6日
廃止年月日 1969年(昭和44年)4月5日*
備考 *1944年(昭和19年)より休止
テンプレートを表示

大山寺駅 - 岩倉駅間に存在した。駅名は近くの稲荷社に由来する。稲荷前駅周辺の現在の地名は岩倉市稲荷町である。

歴史編集

駅構造編集

ホームは2面2線の地上駅。

利用状況編集

岩倉町史を引用した『岩倉市史 中巻』によると、年別一日平均乗車人員は以下の通りであった[1]

  • 1915年 - 23人
  • 1922年 - 41人
  • 1926年 - 41人

駅周辺編集

  • 稲荷社 (明暦年間創建と伝えられる)

隣の駅編集

所属路線、隣の駅は営業時代のもの。

名古屋鉄道
犬山線
特急急行準急
通過
普通
岩倉駅 - 稲荷前駅 - 大山寺駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 岩倉市史編集委員会(編)『岩倉市史 中巻』岩倉市、1985年、279頁。
  2. ^ 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在 国立国会図書館デジタルコレクション 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ a b 日本鉄道旅行地図帳 追加・訂補 7号 東海 - 鉄道フォーラム
  4. ^ 「軽便鉄道駅名改称」『官報』1913年4月4日(国立国会図書館デジタル化資料)