メインメニューを開く

稲葉 正恒(いなば まさつね、宝永3年(1706年) - 享保15年3月24日1730年5月10日))は、山城淀藩の第3代藩主。正成系稲葉家宗家7代。

淀藩稲葉家分家の7000石の大身旗本である稲葉正倚稲葉正則の次男)の三男。正室は毛利元次の娘。官位はなし。通称は平佐衛門、玄蕃。

正徳4年(1714年)11月25日、実父正倚の死去により、旗本稲葉家の家督を継ぎ、寄合に所属する。旗本稲葉家は常陸国新沼郡内なとで7000石を支配していた。享保元年8月9日、将軍徳川吉宗にお目見えする。

享保15年(1730年)1月14日、本家の先代藩主稲葉正任が早世したため、末期養子として、その跡を継いだ。旗本稲葉家は絶家となった。同年3月24日、25歳で死去した。家督は叔父の稲葉正直の家督2000石を継いでいた正親が継いだ。法号は剛節院。墓所は東京都墨田区向島の弘福寺。