穂積小東人
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上木工助
主君 淳仁天皇称徳天皇
氏族 穂積朝臣
父母 父:穂積老?
兄弟 老人小東人
テンプレートを表示

穂積 小東人(ほづみ の こあずまんど)は、奈良時代貴族大蔵大輔穂積老の子と推定する意見がある[1]官位従五位上木工助

経歴編集

淳仁朝天平宝字2年(758年正六位下から二階昇進して従五位下叙爵し、翌天平宝字3年(759年周防守に任ぜられる。その後、雅楽助として京官に遷っている。

天平宝字8年(764年)正月に木工助に任官する。同年9月に発生した藤原仲麻呂の乱での動静は不明だが、翌天平神護元年(765年)正月に従五位上に昇叙されている。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 宝賀[1986: 1215]
  2. ^ 『大日本古文書(編年文書)』15巻130頁

参考文献編集