メインメニューを開く

積極行動主義

積極行動主義(せっきょくこうどうしゅぎ、アクティビズムアクティヴィズム: activism)は、行動主義のひとつであり、社会的・政治的変化をもたらすために特定の思想に基づいて意図的な行動をすること。

目次

概要編集

activism(積極行動主義)とactivist(活動家)の語が政治的な意味で最初に用いられたのは1916年ベルギーフラマン人民族主義に関するプレスにおいてで、その後抗議・反対の活動を指すのに"activism"という語がしばしば使われる様になったが、行動主義はあらゆる政治的方針から生じ、幅広い手段を取った。それは多くの新聞政治家へ手紙を書くことから、選挙活動、経済活動ボイコットや事業の優先)、集会行進ゲリラ戦術まですることがある。 より対立的なケースでは活動家は一部から自由の闘士と呼ばれる一方、他からはテロリストと、支持するかどうかによって呼ばれる。

またある場合では積極行動主義が抗議や対立に関係しない。例えば、ある宗道会員とフェミニスト活動家は人々へ直接そのやりかたを変えるよう説得するのではなく、法を変えるよう政府を説得する。また協力活動ではその原則へ見合う新しい団体を作る努力であり、圧力をかけたり政治的抗議行動は行わない。

ロー対ウェイド事件以降、またはそれ以前から、アメリカ合衆国では"activist"の語が立法よりも司法社会悪を直そうとする裁判官への侮蔑語として使われた。そのため多くの保守主義の政治家は法例審査の伝統的な境界の外での活動を主張する彼らを「積極行動主義者の裁判官」とみなして力を封じようと努めた。[1]

自由主義者の中には司法の積極行動主義は長年の合衆国の合法的な伝統であると主張し、それに対し他方で司法の積極行動主義は保守的とみなされる裁判官の間で同じ位かもっと流行していると反論がある。[2]

過激派やアクティビズムとまではいえない学生らを中心とした政治的活動が、学生アクティビズムと呼ばれている[3]

日本の団体編集

学生アクティビスム編集

関連団体編集

脚注編集

関連文献編集

外部リンク編集