メインメニューを開く

立平良三(たてひら りょうぞう、1932年1月31日- )は、日本の気象学者、元気象庁長官。

福井県勝山市出身。1953年京都大学理学部地球物理学科卒業、気象庁に入る。富士山測候所レーダー係長、予報部予報官、主任予報官、1978年予報課長、83年福岡管区気象台長、85年海洋気象部長、予報部長、1990年気象庁長官、1992年電気通信大学教授、(財)気象業務支援センター顧問。66年気象学会賞、82年岡田賞受賞。1967年「レーダーによる降雨帯の研究」で理学博士(京都大学)[1]。専門はレーダー気象学、天気予報技術[2]

著書編集

  • 『新しい天気予報 確率予報とナウキャスト』東京堂出版 気象学のプロムナード 1986
  • 『天気情報の見方』岩波新書 1987
  • 『気象予報による意思決定 不確実情報の経済価値』東京堂出版 1999
  • 『気象レーダーのみかた インターネット天気情報の利用』東京堂出版 2006

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 『気象レーダーのみかた』著者紹介