メインメニューを開く

竜山区(りゅうざん-く)は中華民国台湾台北市にかつて存在した区。現在の万華区の一部に相当する。

中華民国 台北市 竜山区
1946年 - 1990年
簡体字 龙山
繁体字 龍山
拼音 Lóngshān
カタカナ転記 ロンシャン
国家 中華民国
台北
建置 1946年
廃止 1990年
面積
- 総面積 1.36 km²
人口
- 総人口(1989年) 4.8 万人

1922年大正11年)の町名改正で八甲町老松町若竹町新起町西門町元園町入船町有明町竜山寺町新富町が行政区画内に設置された。1946年民国35年)に上記地区が統合され竜山区が設置された。1990年(民国79年)に竜山区は古亭区及び城中区と合併し万華区に再編された。