メインメニューを開く

競技者必携』(きょうぎしゃひっけい)とは、公益財団法人全日本軟式野球連盟が発行している書物(なお、同じ組織から分離して出来た日本ソフトボール協会でもルールブックとともに発行している。また後記の考え方も同じである)で毎年発刊されている。主に軟式野球審判員やその役員チーム関係者が持つ。内容は競技場区画線や全軟連特別規則、全国大会運営規則、ルールの質疑応答などが記されており、軟式野球関係者は公認野球規則とこの「競技者必携」をセットで持つべきとされる。

全軟連役員や技術委員会員が中心で編集し、1971年3月15日初版発行され、2005年で第18版発行。2年に1度の発行であったが、2015年より毎年発行に変わる。

2006年現在では非売品となっているが、一部の大手書店やスポーツ店では購入可である(公認野球規則は2006年度版より市中の書店でも販売されるようになった)。

章立て編集

  • 野球競技場区画線
  • 野球競技場区画線(学童)
  • 野球競技場 ボックス(一般・学童部)
  • フェアボール(図)
  • フェアボール(凡例)
  • ファウルボール(図)
  • ファウルボール(凡例)
  • ストライクゾーン(図)
  • ストライクゾーン
  • 投球姿勢
  • 正式試合
  • 凡例
  • 全国大会に参加するチームの注意事項(開会式について)
    • 天皇賜杯、国民体育大会、高松宮賜杯、東日本・西日本、中部日本、東・西選手権、日本マスターズ
      • §1 競技運営に関する注意事項
      • §2 競技に関する連盟特別規則
    • 少年部、学童部、女子大会
      • §1 競技運営に関する注意事項
      • §2 競技に関する連盟特別規則
    • 各大会共通
      • §3 試合中の禁止事項
      • §4 試合のスピード化に関する事項
  • 競技者のマナーに関する事項
  • 用具・装具に関する事項
  • 規則適用上の解釈
  • アマチュア野球内規
  • 質疑応答
    • 2.00 競技場
    • 3.00 用具・ユニフォーム
    • 4.00 試合の準備
    • 5.00 試合の進行
    • 6.00 反則行為
    • 7.00 試合の終了
  • 審判員のために
    • 一般心得
    • 裁定に関する心得
    • 任務
    • 審判員に関する取り決め事項
    • 審判上の取り決め事項ならびに注意すべき規則
    • 審判員の構え・判定と宣告・ジェスチャー
    • (巻末)プレイングスルール
  • 連盟規律関係集
    • 日体協スポーツ憲章
    • 定款
    • 規程
      • 組織
      • チーム及び会員
    • 規程細則
      • チーム編成等
      • 国体の出場資格
      • 用具、装具等
    • 競技者規程
      • 職業野球競技者の連盟復帰
    • 競技者規程細則